理工学部

COLLEGE of
SCIENCE AND ENGINEERING

ステージが上がるほどに、
視野が開けることを実感中です。

「生物」についてより深く学びたくて、生命科学コースを選択しました。高校の時に比べ、勉強の内容が深く広くなりますが、学年があがりさまざまなものを吸収していくと、少しずつやりたいことが見えてきました。与えられたテーマ以外にも、自分でやりたい実験が提案でき、提案が通ればその研究を続けられる。そんな環境に魅力を感じています。

【写真左】

理工学部 生命科学コース 4年 
相良 ひかり さん

学んだことをさらに社会へ。
だからもっと、成長し続けたい。

工業高校だったので、進学は土木の専門学科を希望していました。特に都市防災に興味があったので、同名のコースに魅力を感じました。現場に出向き実地調査などの授業を通じて、土木が多くの人を守る職業につながっていることを実感しています。現在は地盤工学を学んでいますが、もう少し知見を深めたいとの想いから、大学院へ進むことを決意。さらなる成長を目指します。

【写真右】

理工学部 土木・都市防災コース 4年 
井口 昂樹 さん

学部長メッセージ

深く広く学び身につけた力を
社会に生かす人を育てます。

理工学は、現在の世界が知らない現象を明らかにし、現在の世界にないモノを生み出す分野です。社会が求める何かを明らかにし、生み出していくためには、一つの分野の考え方をしっかり身につけること、幅広い見聞をもつことが望まれます。コースのカリキュラムで専門分野を基礎から学び、広い分野で学修の幅を広げ、学んだ知識や技術を尽くして、人のために働くことができる人を育成します。

理工学部 学部長
武田 俊哉 教授

アドミッションポリシー

理工学部では、自らの知識と技術によって、校訓「人になれ 奉仕せよ」の説く、人類や社会の幸福に貢献しうる技術者の育成を目指し、以下のような入学者受け入れ方針に適う多様な学生を求めます。

  • 理工学部で学ぶために必要な基礎学力を有する。
  • 理工学の分野を学ぶことを強く希望し、継続的に努力しようとする固い意志を有する。
  • 科学技術に携わる者として、「清廉さ」、「実直さ」、「公共心」を有する。
  • 理工学が他者との協調・協力のもとに成り立っていることを理解し、自らの知識・技術をもって人や社会、地域に貢献したいという意欲を有する。

理工学部・理工学科 コース一覧