栄養学部

栄養とは、生物が体外から取り入れた物質を、
体成分の合成やエネルギーの獲得のために用いて、
生命活動や成長などに利用すること。
栄養学は、広い意味では
この「栄養」に関わるあらゆる分野の学問です。
食と栄養の専門家である管理栄養士は、
人が健康に生活し、
成長するために必要な栄養素を
どのような食品からどの程度摂取するべきかを研究し、
年齢や病状などを考慮した
各ライフステージにおける人の健康をサポートします。
栄養学を学ぶことにより、
対象者の心情と体調を理解し、
様々な問題に向き合いながら、
科学的根拠に基づいて生活環境に応じた
望ましい食生活を提案・指導できる実践力を
身につけることができます。
また、地域における食や健康に関する
問題を解決することは、
健康で活力のある地域社会を
築くことにつながるのです。

アドミッションポリシー

栄養学部は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感するとともに、管理栄養士等の養成課程として、卒業後に専門資格保有者(管理栄養士・栄養士・栄養教諭・食品衛生監視員・食品衛生管理者・フードスペシャリスト)として各資格者に求められている社会の要求に応えようとする意識をもった学生を広く求めます。

  • 高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を有する。
  • 特に、栄養学の基礎的な知識である理系の科目に対する基礎的な知識を有する。
  • 自分の考えを伝えられる日本語力を有している。
  • 柔軟に思考し、自分の意見をまとめることができる。
  • 社会の諸問題に関心を持ち、さまざまな課題に積極的に挑戦しようとする意欲を有する。
  • 特に、国民の食と健康に関するさまざまな課題に積極的に挑戦しようとする意欲を有する。
  • 文化・スポーツ・社会貢献活動に積極的に取り組む姿勢を有する。
  • コミュニケーションを効果的に図り、相互理解に努めようとする態度を有する。

栄養学部 学科一覧