法学部

社会のあり方を決め、社会の中で人々が
行動する際の規準である法。
法を学ぶことは、社会はどうあるべきか、
私たちはどう生きるべきかを考えることです。
スポーツ競技のルールに喩えてみましょう。
競技者が好き勝手に行動してよいスポーツなどなく、
ルールがあってはじめて成立します。
そして、競技者は
よりよいプレーができるようにルールを学びます。
しかし、ルールの盲点を突いて勝利した
競技者が高く評価されることはないでしょう。
同じことが法を学ぶことに当てはまります。
大事なことは、法律知識や法的技術を
身につけることだけではなく、
社会理念に照らして公平で公正な判断ができること。
法学部での学びは、仕事や生活など、
社会と関わるあらゆる活動で生かすことができます。

アドミッションポリシー

【法学科】

法学科は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感し、法学に興味、関心を持ち、下記の能力を備えた多様な学生を広く求めます。

  • 高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を有する。
  • 柔軟に思考し、自分の意見をまとめ、伝えることができる。
  • 文化・スポーツ・社会貢献活動に積極的に取り組む姿勢を有する。
  • 社会の諸問題に関心を持ち、さまざまな課題に積極的に挑戦しようとする意欲を有する。

【地域創生学科】

地域創生学科は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感し、法学に興味、関心を持ち、下記の能力を備えた多様な学生を広く求めます。

  • 高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を有する。
  • 柔軟に思考し、自分の意見をまとめ、伝えることができる。
  • 文化・スポーツ・社会貢献活動に積極的に取り組む姿勢を有する。
  • 社会の諸問題に関心を持ち、さまざまな課題に積極的に挑戦しようとする意欲を有する。

法学部 学科一覧