法学部

COLLEGE of LAW

地方自治の生の声に触れられる、
かけがえのない経験でした。

地方自治に興味があり、法律を通してその可能性について学びたかったので、カリキュラムが整った関東学院大学を選びました。インターンシップで役所に行けたり、自治体の方から話を聞けたりする機会も豊富。どんな問題を抱え、どの法律で対処すべきかなど、身をもって知ることができました。学生の学びをアシストしてくれる先生の手厚いフォローも嬉しいです。

【写真左】

法学部 法学科 3年 
西村 悠哉 さん

考える訓練にもなった法の学びは、
思っていた以上に幅広かった。

高校の頃から、気になったことは徹底的に調べるタイプ。だから「なぜその結論に至ったのか」と、思考のプロセスを追う法学的な学びは、性に合っていました。また、法律の分野は思った以上に幅広く、法律に直結する仕事以外にも、得た知識が多方面で役立つことも知りました。また、女性の先生が多いので、女性の視点で法を勉強できる環境で学べています。

【写真右】

法学部 法学科 3年
井俣 鼓 さん

学部長メッセージ

現場に目を向け
法的発想力を磨いていく。

法は私たちにあるべき社会の理念を示すとともに、社会生活に必要不可欠なルールです。法学科では法律学を体系的に学び、社会現象を法的に考察できる力を、地域創生学科では法的な考え方をもとに魅力ある地域づくりや安全を担う力を身につけます。いずれの学科でも現実の社会で生起する課題に目を向け、ときには現場に足を運び、課題に対応できる能力を磨いていきます。

法学部 学部長
村上 裕 教授

アドミッションポリシー

法学部は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感し、法学に興味、関心を持ち、下記の能力を備えた多様な学生を広く求めます。

  • 高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を有する。
  • 柔軟に思考し、自分の意見をまとめ、伝えることができる。
  • 文化・スポーツ・社会貢献活動に積極的に取り組む姿勢を有する。
  • 社会の諸問題に関心を持ち、さまざまな課題に積極的に挑戦しようとする意欲を有する。

法学部 学科一覧