国際文化学部

COLLEGE of
INTERCULTURAL STUDIES

グローバル社会のなかで、異文化と共に生きる人を育てていく。

英語文化学科では、英語と英語圏の文化を中心に、比較文化学科ではヨーロッパや日本を含めたアジアの言語と文化を学んでいきます。グローバル化が進む現代社会では、海外ばかりでなく日本国内でも、海外の文化や人に触れる機会が増えてきています。自分と異なるバックボーンを持った人々と触れ合い、学ぶことで、異文化と共に生き、能動的に活躍できる人材を育成していきます。

国際文化学部 学部長 
大橋 一人 教授

話せるようになりたい、だけでなく英語のしくみを知りたい、と思う今です。

中学校時代の目標は“学校の先生”。そして高校時代、何よりも好きだったのが英語の授業でした。したがってこの学部を選んだのは必然であり、教職課程もあり正解でした。ただ、英語の教師になれたとしても、それがゴールだとは思っていません。今は、“英語のしくみから知りたい”と思う自分を発見できたことが、うれしい驚きであり、モチベーションとなっています。

文学部 英語英米文学科 4年 
仙道 久美子 さん

アドミッションポリシー

国際文化学部は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感し、国際文化学部の教育を受ける意欲と関心を持ち、次の7つの資質のいずれかに該当する多様な学生を各種入学試験により選抜します。

  • 高等学校で履修した教科・科目のうち、特に国語、外国語(英語)、および社会科目の基礎的な知識がある。
  • 異文化を理解することに興味・関心がある。
  • グローバル化に対応できる教養とスキルを身につける意欲がある。
  • 日本語と外国語によるコミュニケーション力を高める意欲がある。
  • 国際社会の中で他者と関わりながら自ら考え、行動したいと考えている。
  • 各種外国語試験により認定された高度な外国語運用能力がある。
  • 文化・スポーツ・社会貢献活動に顕著な実績があり、また、それらに積極的に取り組む姿勢がある。

国際文化学部 学科一覧