国際文化学部

世界の言葉と文化について学ぶ国際文化学部。
世界共通言語としての英語はもちろん、
アジアやヨーロッパの国々の言葉を
身につけ文化を理解することで、言語だけでなく、
文化や教育、
宗教、生活習慣などの
バックグラウンドの異なる人たちと
互いに分かり合おうとする姿勢を育みます。
最近よく耳にする「グローバル化」。
それが、遠い未来の、そして国外のことではなく、
今、日本国内で急速に進んでいることは、
街のあちこちで多言語対応の表示を
目にするようになったことからも実感できます。
これからの時代は
言葉や文化の違いを超えて、
地球規模で暮らしていこうとする
心構えや、考え方が必要です。
日本語と日本の文化に加え、
外国語と外国の文化を理解することが、
これからの時代を地球人として生きる
若者たちに今最も必要なことなのです。

アドミッションポリシー

国際文化学部は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感し、国際文化学部の教育を受ける意欲と関心を持ち、次の7つの資質のいずれかに該当する多様な学生を各種入学試験により選抜します。

  • 高等学校で履修した教科・科目のうち、特に国語、外国語(英語)、および社会科目の基礎的な知識がある。
  • 異文化を理解することに興味・関心がある。
  • グローバル化に対応できる教養とスキルを身につける意欲がある。
  • 日本語と外国語によるコミュニケーション力を高める意欲がある。
  • 国際社会の中で他者と関わりながら自ら考え、行動したいと考えている。
  • 各種外国語試験により認定された高度な外国語運用能力がある。
  • 文化・スポーツ・社会貢献活動に顕著な実績があり、また、それらに積極的に取り組む姿勢がある。

国際文化学部 学科一覧