教育学部

COLLEGE of EDUCATION

子どもへの理解を深めるため
心理学の勉強に力を入れています。

夢は小学校の教員になること。心理学の科目が充実していることも、この学部を選んだ理由です。1年次の秋には早くも教育実習で現場の空気に触れ、絶対に教員になるという意志を再確認できました。認定こども園から大学まで、世代を超えた交流ができるのも、ここならでは。児童への理解を深め、彼らが大人になっても記憶に残るような教員になりたいです。

【写真左】

教育学部 こども発達学科 1年 
寺沢 琢郎 さん

子どもを身近に感じながら、
4年間しっかりと学んでいきたい。

幼稚園教諭と保育士の免許取得を目指す私にとって、常に子どもを身近に感じて学べるこの大学の環境は魅力的でした。1年次の実習では、お泊まり保育を経験し、命を預かる仕事の重みを実感。先生がたも、私の性格や悩みを理解して、常に的確なフォローをしてくださいます。同じ方向に向かって助け合える友達にも恵まれ、充実した毎日を過ごしています。

【写真右】

教育学部 こども発達学科 2年 
木村 友梨香 さん

学部長メッセージ

「よい先生」になるために、
失敗からも学ぶことがあります。

幸せな人生を送るためには「よい先生」との出会いが大切。「よい先生」とは、常に子どもを見守り、安心の場を提供できる人です。また、発達を生涯に亘る営みと捉え、一人ひとり異なることに目を向けることも重要です。大学で、失敗を恐れず多くを学んでください。苦しい経験をした人こそ、辛い思いを抱えた子どもに寄り添い、必要な支援ができる保育者・教育者に成長していけるはずです。

教育学部 学部長
伊藤 賀永 教授

アドミッションポリシー

教育学部は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感し、明確な目的意識と情熱を持ち、次の8つの資質に基づく学部の入学者受入れ方針に適う多様な学生を広く求めます。

  • 高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を有する。
  • 高等学校の専門学科に特有の知識・技能を有する。
  • 自分の考えを伝えられる日本語力を有している。
  • 柔軟に思考し、自分の意見をまとめることができる。
  • 子どもの教育や保育、および、子どもを取り巻く家族や地域などの環境に関心があり、それらの課題に対して取り組もうとする忍耐力と持続力を有する。
  • 子どもの発達を心と体の両方の観点から、また、人生を見据えた生涯発達の観点から理解しようとする態度を有する。
  • 文化・スポーツ・社会貢献活動に積極的に取り組む姿勢を有する。
  • 他者と積極的に関わる中で自己表現するとともに、他者を理解しようとする態度を有する。

教育学部 学科一覧