建築・環境学部

COLLEGE of
ARCHITECTURE and
ENVIRONMENTAL DESIGN

COLLEGE of ARCHITECTURE
and ENVIRONMENTAL DESIGN

私にとっての建築は、
自分の想いや考えを伝える術です。

オープンキャンパスでこの学部の先生と話す機会があり、最近は女性の建築家も大変活躍している、と聞いて入学を決意しました。また文系で物理が得意でないことも相談でき、安心したことを覚えています。現在取り組んでいる卒業製作のテーマは、「異世代のホームシェア」。これまでの中でも一番の作品を作りたいと思っています。

【写真左】

建築・環境学部 建築・環境学科 4年 
安部 みなみ さん

将来は、駅の設計に
携わりたいと思っています。

子どもの頃から建築が好きで、建物の絵や間取り図を描いて遊んでいました。現在興味があるのは公共建築。中でも街の中核といえる駅の設計をするのが夢です。そのためデザインコースながら、建築士の資格取得に必要な構造系の授業も積極的に履修しています。建築は街そのものが教材なので、普段から意識して周囲の建物を観察することが重要だと思います。

【写真右】

建築・環境学部 建築・環境学科 3年 
スリースマン 洋 マイケル さん

学部長メッセージ

建築・環境学を学び
よりよい社会を創造できる人を育てる。

建築を学ぶ上で必要なのは、生活空間に興味を持つこと。社会問題や環境問題にも関心を持つこと。少子高齢化や地球環境問題など、私たちが直面する課題を、建築という手段で解決しようとする時には、工学的な視点だけでなく、人文科学や社会科学など広い視野が必要です。ここで身につけた知識と技術で、よりよい社会を創造できる人を育てていきます。

建築・環境学部 学部長
大塚 雅之 教授

アドミッションポリシー

建築・環境学部では、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感し、明確な目的意識と情熱を持ち、次の8つの資質に基づく学部の入学者受入れ方針に適う多様な学生を広く求めます。

  • 建築・環境分野の様々な課題に対して柔軟な思考をもって自分の意見をまとめ、適切な言葉や表現でそれを伝える事ができる。
  • 建築・環境分野のさまざまな課題に積極的に取り組む意欲を持ち、挑戦することができる。
  • 建築、環境、都市、住まい、インテリアなど、人間の生活空間に関心があり、本学部・学科における学習に強い意欲と熱意を持つ。
  • 高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を有する。
  • 高等学校の専門学科に特有の知識・技能を有する。
  • 自分の考えを伝えられる日本語力を有する。
  • 文化・スポーツ・社会貢献活動に積極的に取り組む姿勢を有する。
  • コミュニケーションを効果的に図り、相互理解に努めようとする態度を有する。

建築・環境学部 学科一覧