学びを知る

11学部14学科10コースからなる総合大学の意味を知ってほしい。

関東学院大学は、人文科学系、社会科学系、自然科学系の3つの学問領域をすべて学べる総合大学です。
これら3つの学問系統を幅広くカバーしているため、あなたが本当に学びたいことを学ぶことができます。

学問領域の説明を知る学問領域の説明を知る
関東学院大学で、学ぶということ。関東学院大学で、学ぶということ。
発見!学びのKeyWord発見!学びのKeyWord

人文科学とは

人文科学とは、「人間」を研究し、人間の思想や文化、営みなどから人間本性を研究します。
人とは何か、文化とは何かといった本質を理解した上で、多彩な講義を通して文化や社会、自然、人間に関する幅広い教養を養っていきます。

[ 主な分野 ]
地理・民族・歴史・哲学・宗教・美術・音楽・映画
[ キーワード ]
言語(言語学・語学・文学など)
思想(哲学・思想史など)
芸術(美術・音楽)/歴史/心理

社会科学とは

社会科学とは、今存在しているこの社会についての諸事象を、科学的方法により観察・分析し、社会構造の客観的法則性を追求します。
社会は目に見えませんが存在しています。目に見える事象よりも、その背景にある構造を現実問題として学修します。社会の諸現象を解析し、より良いあり方を探求していきます。

[ 主な分野 ]
政治・政策・経済・経営・法学
■経済と経営の違い
「経済」が主として社会全体の経済活動の仕組みや働きを、そこに潜む問題から学ぶのに対し、「経営」は社会の経済活動を具体的に担う企業や組織運営から理論的・実践的に学ぶという違いがあります。
[ キーワード ]
政治/法律/社会現象/経済/環境

自然科学とは

自然科学とは、自然における事柄を科学的手段で解明しようとする学問です。つまり自然現象を対象として取り扱い、そのうちに見いだされた一般的な法則を導き出すことで自然の成り立ちやあり方を理解する学問です。実験・観察・数理に支えられて、対象の記述・説明、さらには事実間の一般法則を見いだし実証しようとする経験科学です。既存の観念にとらわれない成り立ちやあり方を理解し、探求していきます。

[ 主な分野 ]
数学・物理学・化学・生命科学・医学
■理学と工学の違い
理学を英訳すると、「Science(科学)」となるのに対し、工学は「Engineering(技術)」です。理学は普遍的な理論や原理を、工学は日々の技術進歩や製品開発を学びます。
[ キーワード ]
土木/環境/エネルギー/資源/構造/生命
学問領域から学科・コースの学びを知る学問領域から学科・コースの学びを知る
関東学院で学ぶという事関東学院で学ぶという事
発見!学びのKeyWord発見!学びのKeyWord

関東学院大学では、横浜という立地や、11学部を抱える総合大学であることなど、様々な特徴をいかした教育を行っています。また、全ての学生がスムーズに大学の勉強に入り、その後の学びを深められるように、少人数制教育、入学前入学後のフォローアップなどにも力を入れています。
ここでは、関東学院大学の教育の特色を紹介します。気になるワードをクリックして、ご覧ください。

-神奈川、横浜で、学ぶということ-

まず、フィールドとなる地域を学ぶ。

関東学院大学では、2014年に社会連携センターを開設し、地域との連携を強化するとともに、各学部で地域、企業、自治体などとの連携による社会をフィールドとした学びの充実に取り組んでいます。このような実践的な学びをさらに進めていく上で、「地域」を知り、学びのフィールドとなる神奈川県の特性を理解するため、2016年より全学共通科目として「かながわ学」を9科目開講しました。地域企業や自治体、地元プロスポーツ選手など、各分野の専門家や実務家を講師に招いた「現場」の視点を重視した科目群から、自分の興味・関心、専門分野に合わせて学ぶことができます。
また、2013年からは株式会社KADOKAWAの発行する地域情報誌「横浜ウォーカー」とのコラボレーションによる特別公開講座「横浜学」を開講。「横浜と港」「横浜と英国」「横浜と一神教」など、さまざまなテーマから、地域の過去、現在、未来を探る講座を隔月で開講しています。なお、「横浜学」の講座の模様は、ホームページ上にWEB動画で公開しています。

「かながわ学」9つのアプローチ

  • ・ 行政 神奈川県内の自治体の職員によるオムニバス型の講義
  • ・ 経済 地元金融機関による寄付講座
  • ・ 政治 超党派の地方議員連盟による講師陣
  • ・ スポーツ 神奈川県内プロスポーツチーム・選手によるゲスト講義
  • ・ 歴史・文化 横浜開港の歴史・文化を中心に学ぶ
  • ・ 自然 海と山に囲まれた神奈川の自然環境、地域特性について学ぶ
  • ・ 健康 現場の視点から公衆衛生を中心に学ぶ
  • ・ 地域安全 神奈川県警OBによる実践的な学び
  • ・ 地域づくり 行政、企業、地域の視点からまちづくりを学ぶ

-総合大学で、学ぶということ-

自分の専門領域に加え、
幅広い力を身につける。

体系的に学ぶ「副専攻制度」

関東学院大学は、2017年の経営学部の設置によって、11学部をもつ総合大学になりました。この多彩な学部構成を生かして、自分の専門分野だけでなく、他の学部の専門分野についても体系的に学ぶことができるように、「副専攻制度」を用意しています。例えば、理工学部でものづくりを学びながら、経済学部の開講している「流通・マーケティング系副専攻」を修得することで、「売り方」を考えたものづくりの視点を学んだり、法学部で公共政策を学びながら、理工学部の開講している「都市防災副専攻」を修得することで、地域防災に関する複眼的な視点を身につけることが期待できます。

学部 専攻名称
国際文化
学部
英語文化副専攻
比較文化学地域研究副専攻
(日本文化コース)
比較文化学地域研究副専攻
(中国文化コース)
比較文化学地域研究副専攻
(韓国・朝鮮文化コース)
比較文化学地域研究副専攻
(アメリカ文化コース)
比較文化学地域研究副専攻
(イギリス文化コース)
比較文化学地域研究副専攻
(フランス文化コース)
比較文化学地域研究副専攻
(ドイツ文化コース)
社会学部 現代社会学副専攻
法学部 総合法務副専攻
公共政策法務副専攻
ビジネス法務副専攻
学部 専攻名称
経済学部 経営系副専攻
流通・マーケティング系副専攻
理工学部 バイオサイエンス副専攻
応用化学副専攻
機械工学副専攻
電気電子工学副専攻
情報工学副専攻
都市防災副専攻
建築・
環境学部
建築・すまいデザイン副専攻
サステイナブルデザイン副専攻
人間共生
学部
共生デザイン副専攻
コミュニケーション副専攻
教育学部 こども発達副専攻
看護学部 看護系副専攻

視野を広げる「他学部受講制度」と「横浜市内大学間単位互換制度」

副専攻は他学部の専門分野を体系的に学ぶための制度ですが、11学部約1,200科目の開放科目の中から、自分の興味・関心、目指す進路に応じて他の学部の科目をピンポイントで履修できる「他学部受講制度」も用意しています。自分の所属する学部の専門分野だけでなく、他の学部の専門的な知識や視野を身につけたり、教養を深めることで、自分の専門分野での学びをさらに深めていくことができます。また、横浜市内にキャンパスを持つ12大学が連携した「横浜市内大学間単位互換制度」もあり、他学部だけではなく、参加大学が提供している科目も履修することができるため、幅広い興味と関心に応じた履修の機会が拡がります。
このように、広範な領域の科目群から、自分で学びを組み立てられるのは、総合大学だからこそできること。自分の将来の進路を見据えて組み立てることも、専門分野の学びを進めているうちに拡がった興味・関心や、在学中の4年間に起きた社会の変化などに応じて、自分次第で多彩な学びを実現することができます。

社会と連携した学部横断的な学び。

関東学院大学では、学んだ知識の活用力を身につけるだけでなく、これからの時代に必要な、自ら考え、行動する力をつけるため、企業や自治体、地域などと連携した実践的な学びの環境を整えています。実際の社会の中で、「まず、やってみる」、そして、その過程で自分の得意なところや、足りないところに気づいて学修し、もう一度トライをする、この繰り返しの中には、新しい知識の獲得だけでなく、様々な創意工夫や、チャレンジがたくさん詰まっています。関東学院大学には、このプロセスを重視した学びの機会を数多く用意しています。
その代表的なものとしては、理工系学部では、研究室での企業との共同研究や受託研究、文系学部ではゼミナールを中心とした企業や地域、海外大学などと連携した実践的な学びになりますが、関東学院大学には、研究室・ゼミナールでの活動以外にも、社会と連携したプロジェクト型の授業が豊富にあります。
また、全11学部の専門分野の特性を活かした学部間の連携も多数。湘南果実を使った「ご褒美マカロン」プロジェクトでは、洋菓子メーカーと連携した栄養学部の学生を中心に企画したマカロンを、人間環境デザイン学科の学生がデザインし、経営学科の学生が販売・マーケティングを行う、という学部を横断したゼミナール連携プロジェクトを2016年に実施しました。関東学院大学では、このプロジェクトの様に、実際の社会を舞台に、学生たちが創造的なチャレンジを通じて自ら学んでいく教育環境・機会を充実させています。

キャンパスの多様性を重視した学修環境。

グローバル化のさらなる進展や、AI、ロボットなどのテクノロジーの発展、先進諸国での少子高齢化など、現代は、社会が大きく変わる転換点にあります。これからの社会で求められる力や、働き方も変化していくでしょう。
この様な時代の中、学びの環境においても、多様な人々と議論や協働しながら、創造的なチャレンジに取り組める様に、関東学院大学では、キャンパスの多様性の向上を積極的に推進しています。
性別、年齢、国籍、出身地などの属性だけでなく、肩書きや、社会の中での役割や機能、さらには国境など、あらゆる境界を超えて、属性や立場、あるいは専門分野が異なる人たちと議論することによって、相手の文化や、考え方、ものの見方の違いに気づくことができます。この「気づき」は、あなたの新しいアイデアや、次のチャレンジにつながっていくはずです。
関東学院大学では、教育、研究といった側面だけでなく、課外活動においても、キャンパスの内外で、多くのチャレンジや協働でのプロジェクトに取り組むことができる様、多様な人々が集うキャンパスを目指しています。まだまだスタートしたばかりの取り組みですが、社会連携センターや総合研究推進機構を軸とした企業との連携の強化、全学的な社会連携プロジェクトや国際交流の推進、スポーツを中心にした課外活動での様々な連携など、急ピッチで進めています。関東学院大学のこのキャンパスでは、4年間の大学生活の中で必ずチャレンジしたい「何か」を見つけられるはずです。

多様性を重視した学修環境

-少人数制によるきめ細かい学び-

ゼミナール・研究室での
少人数での専門的な学び。

関東学院大学では、ゼミナールや卒業研究など、少人数での専門分野の学びを重視しています。基礎や専門分野の知識を身につける講義に加え、少人数で教員のきめ細かい指導を受けながら、専門分野のテーマについて探求するゼミナール・研究室での学びを通して、知識を活用する力を身につけていきます。興味・関心のある専門分野のテーマについて、資料収集、調査やグループ討議、あるいは実験を繰り返しながら探求していくゼミナール・卒業研究は大学ならではの学び方。各学部の分野の特性によって少しずつ学び方は違いますが、基本的なゼミナール・研究室での学びでは、以下のような流れで、考える力や、他者と意見やアイデアを共有するための表現力、コミュニケーション力を磨いていきます。

研究テーマ設定

専門分野での学びを通じて得た興味・関心、疑問などを元に、指導教員やゼミナール・研究室の仲間たちと議論しながら、研究テーマを設定します。1年間をかけて探求する大切なテーマなので、少人数できめ細かい指導を受けながら、じっくり考えます。

調査・資料収集

研究テーマに関連する資料・情報を、図書館の膨大な資料や、世界中の文献の中からの文献検索や、WEBサイトで検索して収集し、整理していきます。その他にも、必要に応じてキャンパスの外に飛び出して、企業や自治体、地域などへのフィールドワークや、インタビュー調査を行います。

大学4年間で一番成長するプロセス

グループ討議
〈ゼミナール〉

整理した資料・データや調査結果を元に、個人やグループで考え方やアイデアをまとめていきます。さらに、このアイデアを指導教員や仲間とのグループ討議を通して、さまざまな視点を取り入れたり、足りない点を補うことで、ブラッシュアップしていきます。

実験・分析・
製作
〈研究室〉

収集した情報・データ、調査結果を元に、実験や分析、あるいは模型や実物の製作を行っていきます。実験は一回で成功することの方が少ないもの。指導教員からのアドバイスや、仲間と議論を通して、失敗を繰り返しながら工夫を凝らして成功を目指します。

成果発表・社会への発信

研究成果を誰もが理解、納得できる形に整理して学内や学会で発表します。プレゼンテーションでは、自分の考えやアイデア・実験結果を共有するために、第三者でも理解できる論理を組み立てたり、データや文献・資料の引用などで考えやアイデアを裏付けたり、受け手に伝わる表現力を身につけていきます。

4年間の学びの集大成 卒業論文

4年間の大学生活の学びの集大成となるのが卒業論文です。ゼミナールや卒業研究を通じた学びを生かして、興味・関心のある専門領域のテーマについて、さらに深く掘り下げながら、卒業論文を作成していきます。設定したテーマに基づいて骨子を組み立て、文献の読み込みやフィールドワークなどによるリサーチを行った上で、自分自身で組み立てた論理を明確な文章で伝えることが求められます。
卒業論文で設定するテーマは、ゼミナールや研究室での学びを発展させたものから、身近な日常の視点を取り入れたものまで、多種多様。指導教員と議論を行いながら、卒業論文をまとめるプロセスを通して、4年間に身につけた知識やスキルを総合化し、実践的に活用できる力を身につけます。

英語の習熟度に応じた少人数クラス編成

関東学院大学では、すべての学部において、少人数クラス編成によって英語力を高めることができる学習環境を整備しています。初年次の英語学習においては、入学時にプレイスメントテストを実施し、スコアに応じて習熟度別にクラス編成を行います。それぞれの学生の入学時の英語力に応じた少人数クラス編成によって、着実な英語力の向上を目指します。
2年次以降については、それぞれの学部の専門分野の特性によって、英語教育・科目群は異なってきますが、すべての科目で少人数教育を徹底して行い、グローバル化が進むこれからの社会で必要となる英語力、コミュニケーション力を養っていきます。
英語が苦手な学生のためには、学生支援室にて開講している学生支援塾で英語講師によるマンツーマンでの個別指導によるサポート体制も用意。また、留学を目指す学生に向けては国際センターでTOEFL ITPテスト対策講座、就職活動に向けては就職支援センターでTOEIC対策講座も開講するなど、学生それぞれの目標やレベルに向けて、きめ細かな英語学習サポートを行っています。

-大学基礎力を養う初年次教育-

入学前に、
大学での学びに向けた基礎力アップ

関東学院大学では、推薦入試やAO入試などで入学が決まった新入生を対象に、4月から始まる大学での学修に備え、「入学前準備教育」を行っています。
この制度は、高校3年生の12月から始まり、進学予定の学部の特性に合わせて、英語、数学、文章表現など、入学してから大学での学びに必要とされる基礎力を確認すると同時に、高校までに習得した知識を復習することが狙いです。
理工学部、建築・環境学部、看護学部では、進学内定者にWEBサイト上でのeラーニングによって、入学前に専門領域で役立つ基礎力を身につけられるよう支援しています。eラーニングのサイトでは、英語、国語、理科などの設問に回答するほか、英語基礎力の確認テストや修了テストに挑戦します。問題回答型のプログラムですが、疑問点や理解が難しい点があれば、サイト上で質問することも可能です。また、教科によっては単に採点されるだけではなく、添削による学習指導もあり、理解度の向上も促されます。
高校までに身につけた、基礎学力を改めてしっかりと固めてから入学することで、大学での専門的な学びにスムースに移行することができます。

大学生基礎力トレーニングシステム
「KANTOれ」

入学前、そして入学後に大学生としての基礎力を身につけるための大学基礎力トレーニングシステム「KANTOれ(かんとれ)」を用意しています。これは、PC、スマートフォン、タブレットなどから利用可能な自学自習用のeラーニング教材です。
「英語」、「数学」、「国語」、「社会」、「理科」の5教科の基礎・基本を確認し、学び直しができる「ベーシックコース」、大学生基礎力を身につけるための「ステップアップコース」、就職活動に向けた「SPI対策コース」と多彩なコースを用意していますので、入学前準備教育として基礎学力の向上に活用できるだけでなく、大学での学修の中での基礎の確認や、就職活動対策など、大学1年次から4年次まで幅広く活用できるシステムです。
「KANTOれ」で学んだ成果を測る「実力診断テスト」の結果は、レーダーチャートで表示され、自分の得意・不得意の分野を一目で把握することができます。不得意分野を反復学習することで、基礎力を着実に身につけていきます。

KANTOれ KANTOれ

大学での学びに備える導入教育

関東学院大学では、それぞれの学部の特性に合わせ、大学での専門的な学びのための基礎力を身につけるための導入科目を設置しています。
例えば、経済学部、経営学部では、高校と大学の学びの違いを理解した上で、大学での学びに求められる文章力、文献の検索方法、課題の発見、解決策の仮説の立て方、プレゼンテーションの方法などの基礎を身につけるため、1年次の春学期に基礎ゼミナール、秋学期にプレゼミナールを開講しています。
経済学部の伊藤明己教授は、「基礎ゼミでは文章の基本やレポートの書き方などを指導。プレゼミでは、学生たちに受け身の授業ではなく、自分から発信する学習法を実践してもらっています」と語ります。プレゼミナールで“日・米・中の大学入試の違い”について発表した経営学科の山崎修也さんは、「自分から情報や意見を発信していく授業は、先生の話をただ聴いていた高校の授業より、ずっと楽しい」と言います。「発表後にみんなから出た感想や意見を聴いて、次はもっといい発表がしたいと思うし、調べたり、考えたりする意欲が湧いてきます」。
理工学部では、1年次の春学期にフレッシャーズセミナ、秋学期にフレッシャーズプロジェクトを開講。大学生はまず、自分の頭で考えることを求められますが、入学間も無い学生に、いきなり自分の考えをまとめなさいと言っても難しいです。そこでフレッシャーズセミナではレポートの書き方を、フレッシャーズプロジェクトでは実験や発表を学んでいきます。ヒーターのニクロム線は、どのくらいの電圧で切れるのかという実験に、グループで取り組んでいた総合機械コースの和田隆暉さんは、「実験や発表を通した大学での学び方がよく分かりました。これからの4年間が楽しみです」と笑顔で答えてくれました。学生は失敗を恐れずチャレンジすることが大切。なぜなら、失敗したことは確実に記憶に残るからです。その経験は、3、4年次や卒業して社会に出たときに必ず役に立ちます。
このように、関東学院大学では専門的な学びにスムースに入れるように、それぞれの学部の特性に合わせた多彩な導入教育を行っています。1年次で大学での学びの基礎力をしっかりと固めることで、卒業までの4年間の専門的な学びを、着実に身につけていくことができます。

学問領域から学科・コースの学びを知る学問領域から学科・コースの学びを知る
学問領域の説明を知る学問領域の説明を知る
発見!学びのKeyWord発見!学びのKeyWord