関東学院大学受験生サイト

WEB
出願
資料
請求
お問い合わせ
お問い合わせ
  • お知らせ
  • 選抜情報
  • 全学部

2022年度一般選抜における「英語」の出題について 2022年度
一般選抜における
「英語」の出題について

2021年度入学者選抜から、「大学入試センター試験」に代わって「大学入学共通テスト」が新たに導入されました。大学入学共通テストの「英語(リーディング)」の試験問題は、出題傾向が大学入試センター試験から大きく変化し、携帯電話でのメッセージのやり取りや、WEBサイトに掲載された情報をもとにした問題など、実用的な内容を多く含む読解問題が中心に出題されました。

 

これらの状況を踏まえるとともに、本学の一般選抜では、志望する学部学科/コースを問わず、本学を志望する全受験生に対して「英語」を出題することから、出題の方向性について検討してまいりました。

 

高等学校での学習内容や、大学入学後に必要とされる英語力を踏まえ検討し、実用的な情報を含む読解問題を取り入れていく必要がある一方で、これまでの選抜試験で問うてきたような、文法や語彙に関わる基礎的な英語力や、長文を正しく読み解く能力なども欠かせない能力であるという結論に達しました。

 

そこで、2022年度一般選抜においては日程を問わず、下記で示すような傾向で、試験問題を出題する方針です。

 

 

 

  • 大問を5題出題する。

 

  • 大問1および大問2では、文法に関する問題や語彙に関する問題、穴埋めや並べ替えといった英文の文意を理解する力を測る問題など、英語の基礎的な能力を測る問題を出題する。

 

  • 大問3では、会話文などを用いて口語での表現力を測る問題を出題する。

 

  • 大問4では、非言語的な情報を含むメールのやり取りや図表、説明書、パンフレットなどの実用的な英文を提示し、それらを理解するとともに適切な英語表現に置き換える力を測る問題を出題する。

 

  • 大問5では、一定程度の長さの英語の文章を提示し、読解力を総合的に測る問題を出題する。