関東学院大学受験生サイト

WEB
出願
資料
請求
お問い合わせ
お問い合わせ

共生デザイン学科
総合型選抜11月募集【課題型】
課題(プレゼンテーション)
共生デザイン学科
総合型選抜11月募集【課題型】
課題(プレゼンテーション)

課題

「新しい日常」「ニューノーマル」といわれるような、新型コロナウィルス感染リスク対策(例えば、3密の回避)をおこなうようになって以降、あなた自身が日常生活を楽しむために使用している物のなかで「一番好きな物」、あるいは、おこなっていることのなかで「一番好きなこと」について、自作した「視覚資料(紙資料)」を用いて8分間、具体的に説明してください。プレゼンテーション終了後、質疑応答と面接をあわせて12分間、実施します。なお、自作した「視覚資料(紙資料)」以外の物(例えば、一番好きな物そのもの)を試験会場に持参してプレゼンテーション時に使用することはできません。

 

「視覚資料(紙資料)」は、次の内容と形態を踏まえて自作し、試験会場に持参してください。試験終了後、「視覚資料(紙資料)」は提出していただきます。返却は致しません。

 

「視覚資料(紙資料)」の内容

  • あなた自身がその物を使用するようになった理由、あるいは、そのことをおこなうようになった理由を必ず盛り込んでください。
  • あなた自身がその物を使っている様子、あるいは、そのことをおこなっている様子がわかる写真やイラストを、必ず4点以上、使用してください。なお、写真やイラストは全てあなた自身が撮影、あるいは、作図していることが使用条件です。
  • 写真の撮影年月日、イラストの作図年月日を明記してください。
  • イラストの作図方法は、手書きでもPC等の機器を用いても、どちらでも構いません。
  • 写真とイラストと文字を組み合わせるなど、その物やそのことの「魅力」を分かりやすく伝えるためのエ夫を凝らして作成してください。

「視覚資料(紙資料)」の形態

  • 受験番号および受験者氏名を明記してください。
  • 受験者が自身の手元に置いて説明することが可能な形態で作成してください。試験会場で黒板等に掲示したり、機器を用いて映写したりすることはできません。
  • 試験会場において受験者と面接官の距離は約3~4m離れています。面接官の座席から見て判別が可能な写真・イラスト・文字等を使用してください。
  • 枚数やサイズに制限はありません。自作したすべての「視覚資料(紙資料)」を8分間のプレゼンテーション時間内に説明が可能な枚数やサイズにしてください。

評価の視点

評価は、以下のような観点から総合的におこないます。

 

「課題・テーマに関する理解と着眼点」

「視覚資料の内容(具体性・説得力)」

「視覚資料の構成・表現(工夫・完成度)」

「プレゼンテーション」