最新のお知らせ

イベント情報

広島で関東学院大学主催「進学講演会 大学をどう選ぶか~私立大学の選び方」を開催しました

 広島で関東学院大学主催「進学講演会 大学をどう選ぶか~私立大学の選び方」を開催しました。

  6月25日(土)広島市内のホテルJALシティ広島で、大学進学希望者、保護者、高等学校進路指導担当者を対象とした「進学講演会 大学をどう選ぶか~私立大学の選び方」を開催しました。

  講演会に先立ち、規矩大義本学学長から「すべては学生の成長のために」と題し、今年度スタートした経営学部経営学科の社会連携教育プラットホーム「K-biz」、法学部地域創生学科の神奈川県内10の自治体職員から直接学ぶ「地域創生特論」といった社会や現場で実践的に学ぶ教育プログラムの紹介や関東学院大学の将来像について話がありました。
 続いて、山口和士本学特任教授(日本進路指導推進協議会会長)からは「私立大学の選び方」と題し、高校での進路指導の現実、大切なセンター試験以降の7つの施策、進路を決定付ける5つの要素、国際都市・横浜の関東学院大学の広島地方入試を活用する意味などについて講演がありました。
 後半の規矩学長、山口和士特任教授との対談では、本学学生支援室の先輩学生が後輩学生の学習をサポートする「学生メンター制度」や、高校教員OBらによる個別指導塾「学習支援塾」の取組みを例に取り上げ、「人は人でしたか変わらない」、校訓「人になれ 奉仕せよ」の実践によって、人を大切にする関東学院大学の学風について話がありました。

 参加した高校3年男子生徒からは「勇気と自信が沸きました。地元の広島で関東学院大学を目指します。」といった意見や、広島市内高校進路指導担当教員は「地元国公立志向が強い中、私立大学をどう押さえ、受験していくべきか良く分かった。私立大学選びに幅が広がった。」といった話がありました。