社会学部

COLLEGE of SOCIOLOGY

COLLEGE of SOCIOLOGY

社会福祉を実践的に学ぶ、
そんなカリキュラムが魅力です。

1年生の時に高齢者における孤独死の問題について学んだことをきっかけに、地域のネットワーク作りに対する重要性に気づき、社会福祉学のコースへ。自分にも何かできることがあるはず、と模索してきました。現在はゼミナールの仲間とともに地域から孤立をなくすべく活動中。チラシ作りやイベントの企画運営などで世代の違う人と話す機会も多く、貴重な体験をしています。

【写真左】

文学部 現代社会学科 3年 
柴田 芙由子 さん

自分なりのテーマを持ち、
教師への道を、仲間とともに。

社会科の教員になりたくて、現代社会学科を選びました。この学科の良いところは、社会学と社会福祉学を双方の観点から学べる点。その上で、教育学のゼミナールを選択し、社会科における教育のあり方について学んでいます。現在では自分なりに突き詰めたいテーマも見つかり、教員を目指す仲間とともに模擬授業などのシミュレーションを交えて、学びを深め合っています。

【写真右】

文学部 現代社会学科 4年 
中條 崇太 さん

学部長メッセージ

地域社会での課題を見つけ、
解決できる力を育てていく。

よりよい社会を作る方法を探究し、実践していくのが、社会学。関東学院大学の社会学部では、地域社会の中で、見て、聞いて、感じることで、課題を発見し、解決手段を探っていきます。課題を目の前において、学生も教員も一緒に考え、一緒に体を動かし、一緒に学んでいくのです。そうした学び合いの場を通して、他者への理解と寛容を持って、社会問題の解決に取り組める人材を育成します。

社会学部 学部長
大澤 善信 教授

アドミッションポリシー

社会学部は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感し、社会学部の教育研究上の目的を理解して自己実現を図ろうとする明確な目的意識と情熱を持ち、次の7つの資質・能力に基づく学部の入学者受入れ方針に適う多様な学生を広く求め、各種入学試験により選抜します。

  • 入学後の修学に必要な基礎学力として、高等学校で履修する教科・科目のうちとくに国語、社会、英語について内容を理解し知識を有する。
  • 自分の考えを伝えられる日本語力を有している。(外国人入試)
  • 文化・スポーツ・社会貢献活動の秀でた実績があり、また積極的に取り組む姿勢がある。(推薦入試、AO)
  • 社会学部での学びにつながるボランティア体験、異文化体験、サークル活動等の経験を有する。(推薦入試、AO)
  • 柔軟かつ多面的に考え、論理的に意見をまとめ、文章表現することができる。(推薦入試、AO)
  • 社会の諸問題に関心を持ち、問題の解決に積極的に貢献しようとする意欲がある。(推薦入試、AO)
  • コミュニケーションを効果的に図り、相互理解に努めようとする態度がある。(推薦入試、AO)

社会学部 学科一覧