理工学部・理工学科
ロボティクス
コース

IoT時代のエンジニアを育成

Industrie 4.0(ドイツ)、Smart Manufacturing(アメリカ)、あるいはConnected Industries(日本)など、インターネットを最大限に活用して、さまざまなモノの状況を検出し、それに応じた高性能・高信頼のモノを効率的に生産して、消費者へ届ける生産体系で、メカトロ・ロボットエンジニアの役割は従来以上に高まりつつあります。
さらに、近年日本政府も、第4次産業革命によって、新しい価値やサービスが次々と創出され、人々が豊かに暮らす超スマート社会「Society 5.0」を提唱し、ロボットに関する技術開発には、ますます高い期待が寄せられています。
ロボティクスコースでは、これらの時代と社会を支え、グローバルに活躍するエンジニアの輩出をめざし、さまざまなロボットの実機を教材にしながら学んでいきます。
機械技術にとどまらず、電気、電子、情報、通信など、これからの未来を支える技術基盤を総合的にカバーできるエンジニアを、本コースで養成します。

学びの特色

1から作った物が動く楽しみを実感

小さな頃から好きだった映画に出てくるロボットを自分でも作ってみたい!とこのコースを選びました。今は、自立移動の二輪ロボットを製作しています。設計から開発していることもあり、「全ての製品はこうやってできているんだな」と、日々発見の連続です。また、先生方の分かりやすい指導のおかげでプログラミングにも興味が湧き、楽しく学んでいます。将来はロボット作りの仕事に携わり、社会に貢献したいです。

山口 亮 さん

理工学部 理工学科 ロボティクスコース 4年
神奈川県 秦野高等学校 出身
関東学院大学大学院工学研究科に進学予定

01一人1台の専用ロボット

1年次秋学期のフレッシャーズプロジェクトで、二足・四足・六足ロボット/レゴ・マインドストームEV3/TETRIX/マイクロマウス/3D-CAD・プリンタで製作するオリジナルロボット/鉄腕アトム(人工知能ロボット)のいずれかを選び、自分専用の教材に。構造および動作の仕組みを、組立から制御までを体系的に学びます。

02やる気をサポート/各種ロボット大会出場

学外で開催される各種ロボット大会に挑戦する学生は、コースから費用面をはじめさまざまなサポートが受けられます。過去には、アフレル・スプリングカップ、マイクロマウス大会、WRO Japan 2017アドバンスド・ロボティクス・チャレンジなどに出場。他チームロボットを観察し、自身の技術の糧としています。

Study flow

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・中学校教諭(技術)
  • ・高等学校教諭(工業)
  • ・司書
  • ・司書教諭 ほか
学科コース関連資格
  • ・ITパスポート
  • ・CAD利用技術者
  • ・基本情報技術者

主な進路

ロボットエンジニア/メカトロエンジニア/システムエンジニア/電機メーカー/機械メーカー/製造業/運輸業/情報通信サービス業/電力会社/大学院進学 など

主な就職先

JFEテクノス(株)/キヤノンシステムアンドサポート(株)/ソフトウエア情報開発(株)/(株)オーバル/(株)日立システムズエンジニアリングサービス/三和工機(株)/新日本空調(株)/東京計器(株)/東芝プラントシステム(株)/八洲電機(株)/富士ソフト(株)/(株)富士テクノソリューションズ/東京消防庁/神奈川県警察本部 など