理工学部・理工学科
電気・電子コース

電気・電子の先端技術を学ぶ

豊かな社会の基盤と科学技術は、日々進歩を続けています。
そのなかでも特に、電気・電子・情報・通信の技術発展はめざましく、工業製品だけではなく、コミュニケーションや社会のあり方にも影響を与え、生活スタイルの変革ももたらそうとしています。
到来が予測されている超スマート社会「Society 5.0」においては、これらの先進的な技術を支えるエンジニアの存在が必要不可欠です。
電気・電子コースでは、大学院進学も視野に入れつつ、先端技術の研究・開発に必要な知識や技術を修得することができる科目を配置し、次の時代の社会を担うエンジニア、研究者の育成をめざします。
電気・電子・情報・通信技術の専門的な知識や技術を学修するため、分野別で体系的なカリキュラムを整備しています。さらには、電気技術者に欠かせない電気主任技術者の資格取得に向けた効率的な学びもサポート。
最先端の科学技術に触れながら、未来を支える人材を育成していきます。

学びの特色

身近な電気は知れば知るほどおもしろい

電気について知ることはとても興味深いです。例えば、電気には直流と交流がありますが、コンセントが交流で、スマホのバッテリーは直流と知るだけで、日常を見る目が変わりませんか。僕は、電気・電子コースで学んでから、街を歩く時、電柱や電線を見上げて送配電や電力発生のシステムを考えることが楽しくなりました。電気工事士の資格も取得し、卒業後は建築物の電気設備に携わります。電気を通じて、社会を支える建物づくりに関われたら幸せです。

高倉和希 さん

理工学部 理工学科 電気・電子コース4年
福島県 白河旭高等学校 出身
就職内定先 株式会社ユアテック

01電気分野

電力発生工学、送配電工学、パワーエレクトロニクス、高電圧工学、電動力応用、電気機器等、電気エネルギー関連技術を学び、「電気主任技術者」などの資格取得を支援します。また、スマートグリッド、スマートメーター、省エネ・節電、電力用機器・装置や誘電体物性及び電気絶縁などの課題に取り組むことができます。

02通信分野

電波や光ファイバの基礎、通信システムのハードウェア構成、無線通信システムが守らなければいけない電波法規などを学ぶことで、「第一級陸上特殊無線技士」などの国家資格を取得できます。また、光実験装置を用いた光学素子の特性測定や、表面プラズモン機能を高度に集積する技術などについて取り組むことができます。

Study flow

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・無線従事者(第一級陸上特殊無線技士、第三級海上特殊無線技士)
  • ・高等学校教諭(工業)
  • ・司書
  • ・司書教諭 ほか
受験資格が得られる資格
  • ・技術士(技術士補登録後、実務経験4~10年)
実務経験後に取得できる資格
  • ・電気主任技術者(第一種:実務経験5年、第二種:実務経験3年、第三種:実務経験1年)
国家試験一部科目免除となる資格
  • ・電気通信主任技術者
  • ・電気工事士(第二種)
学科コース関連資格
  • ・基本情報技術者

主な進路

電気機器・電子機器・電子デバイス・精密機器・情報通信機器メーカー/機械・自動車メーカー/情報処理・通信サービス/総合建設・電気設備工事/地方公共団体/大学院進学 など

主な就職先

いすゞ自動車(株)/日本精機(株)/(株)ジェイデバイス/横河マニュファクチャリング(株)/サイバーコム(株)/東芝情報システム(株)/ドコモ・テクノロジ(株)/大成建設(株)/五洋建設(株)/(株)きんでん/(株)関電工/(株)ユアテック/(株)中電工/三機工業(株)/太平電業(株)/東光電気工事(株)/日本電設工業(株)/富士通ネットワークソリューションズ(株)/(株)東急コミュニティー/北海道旅客鉄道(株)/東京地下鉄(株)/キヤノンシステムアンドサポート(株)/三菱電機ビルテクノサービス(株)/東日本旅客鉄道(株)/(株)ドコモCS/アドバンステクノロジー(株)/東芝プラントシステム(株)/静岡市 など