理工学部・理工学科
土木・都市防災
コース

自然災害に強く快適な都市の創出

土木・都市防災コースでは、構造技術や地盤工学などの力学分野、維持管理や環境や計画など土木工学の実学的な学びを、講義や実験、演習を通じて、基本から応用力まで養成していきます。
実践的な学修のなかで、土木工学のエンジニアに求められる技術を身につけていきます。
また、重点的に都市防災の研究教育に力を注ぎ、地震や台風などの自然災害から人命や都市を守るための技術を、実験や外部機関との共同研究によって、ハードのみならずソフトの視点まで学修していきます。
さらに、持続可能で質の高い生活を支えるために、環境と調和した社会基盤整備やまちづくり、構造物の長寿命化のための技術を学びます。
都市計画や地域行政に関する実習、土木工学全般の演習、長期の実地研修などを通じて、地域や国土の基盤を創造・維持していく技術系公務員や土木技術者を育成していきます。

学びの特色

防災のプロフェッショナルに囲まれて

CADや測量といった土木の基礎を学ぶ一方、さまざまな分野で防災に携わっている先生方から、最新の防災事情や災害について学んでいます。被災地の現状や復興対策の問題点など、ニュースでは知り得ないリアルに触れられる授業があるのが関東学院大学ならではの魅力です。また、同じコースの女子学生で結成した「どぼじょ(土木系女子学生の会)」では、地域の方たちと一緒にアートどろだんごを作るといった交流も盛んにでき、毎日が充実しています。

武藤瑞季 さん

理工学部 理工学科 土木・都市防災コース 2年
神奈川県 西湘高等学校出身

01安全・安心のための、学生による中学校での防災教室

東日本大震災以降、防災教育に力を入れている鎌倉市立第一中学校に協力し、土木・都市防災コースと大学院の学生が、防災講座の担当をしています。避難所における新聞紙やダンボールを利用した生活環境向上策や防災用トイレの使い方など、中学生と一緒に体験しながらレクチャーしています。

02日本を代表する土木構造物を体感する国内土木施設研修

国内最大級の黒部ダムや高瀬ダムなどを巡りながら実物の巨大さ・壮大さを肌で実感し、土木施設の歴史的価値や社会貢献への意義を心で感じることで、土木技術者としての意識向上を図っています。その他、建設現場見学会、製鉄所見学会、首都高の点検・補修デモなど、フィールドを活用した実地体験を重視しています。

Study flow

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・測量士補
  • ・高等学校教諭(工業)
  • ・司書
  • ・司書教諭 ほか
受験資格が得られる資格
  • ・技術士(技術士補登録後、実務経験4~10年)
  • ・一級土木施工管理技士(実務経験3年)
  • ・一級管工事施工管理技士(実務経験3年)
  • ・一級造園施工管理技士(実務経験3年)
実務経験後取得できる資格
  • ・測量士(実務経験1年)
学科コース関連資格
  • ・技術士補(在学中に受験可)
  • ・土木技術者資格(在学中に受験可)
  • ・構造診断士
  • ・防災士
  • ・コンクリート主任技士
  • ・土地家屋調査士
  • ・不動産鑑定士
  • ・公害防止管理者
  • ・環境計量士
  • ・環境プランナー

主な進路

建設会社/国家・地方公務員(技術職)/鉄道会社/電力会社/鉄鋼メーカー/橋梁メーカー/エンジニアリング会社/建設コンサルタント/設計コンサルタント/環境エンジニアリング/地盤調査コンサルタント/防災コンサルサント/大学院進学 など

主な就職先

国土交通省東北地方整備局/神奈川県庁/横浜市/横須賀市/相模原市/厚木市/東京都/北海道/千葉県/静岡県/東日本旅客鉄道(株)/東海旅客鉄道(株)/大成建設(株)/(株)熊谷組/飛島建設(株)/佐藤工業(株)/鉄建建設(株)/五洋建設(株)/JFEエンジニアリング(株) など