理工学部・理工学科
土木・都市防災
コース

自然災害に強く快適な都市の創出

このコースでは、構造技術や地盤工学などの力学分野、維持管理や環境や計画など土木工学の実学的な基幹科目は、座学や実験や演習を通じて、基本から応用力まで養成され、実践的な土木技術が身につきます。
要として都市防災に力を入れており、地震や台風などの自然災害から人命や都市を守るための技術を、ハードからソフトまであらゆる視点から学習が可能。また、地域や国土の基盤づくりの企画・立案を行う技術系公務員としての素養を、都市計画や地域行政に関する実習、土木工学全般の演習、長期の実地研修などで育成しています。

学びの特色

武藤 瑞季 さん

幅広い分野から
防災について学べそうで、楽しみです

東日本大震災が起こったのは、私がまだ小学6年生のときでした。栃木県にある親の実家も被災して、惨状を目にしたときは胸が痛みました。その経験から、将来は何か環境に関わる仕事に就いて防災に貢献したいと思うようになったのです。気象予報士を目指そうと思ったこともありましたが、現実的な職業として考えると、技術で貢献できる土木に魅力を感じました。オープンキャンパスで女性の先生とお話しできて、女子には狭き門という不安は払拭できました。入学後は、15人程度の土木系女子学生の会で、女性の先生方や先輩方ともいい関係を築けています。まだ1年生なので、これから専門分野を深めていくのが楽しみです。今、興味があるのは気象と関係が深い水理学ですね。

武藤 瑞季 さん

理工学部 理工学科 土木・都市防災コース 1年
神奈川県 西湘高等学校出身

01安全・安心のための、学生による中学校での防災教室

関東大震災で津波被害を受けた海岸の近くに立地し、東日本大震災以降、防災教育に力を入れている鎌倉市立第一中学校に協力し、土木・都市防災コースと大学院土木工学専攻の学生が、防災講座の担当をしています。避難所における新聞紙やダンボールを利用した生活環境向上策や防災用トイレの使い方など、中学生と一緒に体験しながらレクチャーしています。

02日本を代表する土木構造物を体感する国内土木施設研修

国内最大級の黒部ダムや高瀬ダムなど日本を代表する土木構造物を巡りながら実物の巨大さ・壮大さを肌で実感し、土木施設の歴史的価値や社会貢献への意義を心で感じることで、土木技術者としての意識向上を図っています。その他、建設現場見学会、製鉄所見学会、首都高の点検・補修デモなど、フィールドを活用した実地体験重視の取り組みを初年次から実施しています。

Study flow

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・測量士補
  • ・高等学校教諭(工業)
  • ・司書
  • ・司書教諭
受験資格が得られる資格
  • ・技術士(技術士補登録後、実務経験4~10年)
  • ・一級土木施工管理技士(実務経験3年)
  • ・一級管工事施工管理技士
  • ・一級造園施工管理技士
実務経験後取得できる資格
  • ・測量士(実務経験1年)
学科コース関連資格
  • ・技術士補(在学中に受験可)
  • ・土木技術者資格(在学中に受験可)
  • ・構造診断士
  • ・防災士
  • ・コンクリート主任技士
  • ・土地家屋調査士
  • ・不動産鑑定士
  • ・公害防止管理者
  • ・環境計量士
  • ・環境プランナー ほか

主な進路

建設会社 / 国家・地方公務員(技術職) / 鉄道会社 / 電力会社 / 鉄鋼メーカー / 橋梁メーカー / エンジニアリング会社 / 建設コンサルタント / 設計コンサルタント / 環境エンジニアリング / 地盤調査コンサルタント / 防災コンサルタント / 大学院進学 など

主な就職先

国土交通省東北地方整備局 / 神奈川県庁 / 横浜市役所 / 横須賀市役所 / 相模原市役所 / 東京都 / 千葉県 / 茨城県 / 静岡県 / 東日本旅客鉄道(株) / 東海旅客鉄道(株) / 大成建設(株) / (株)熊谷組 / 飛島建設(株) / 佐藤工業(株) / 鉄建建設(株) / 五洋建設(株) / (株)富士ピーエス / JFEエンジニアリング(株) / (株)東京ソイルリサーチ など