理工学部・理工学科
生命科学コース

多様なバイオの知識と技術を楽しく学ぶ

生命科学は、文字通り「生命」を研究する学問です。
このコースでは、微生物学、細胞生物学、分子生物学、生化学、有機化学、食品科学、エコロジーなどの、生命科学に関する分野を幅広く学修します。
これらの分野の最先端の研究は、医療や農業などさまざまな領域で応用され、私たちの暮らしを支えています。
コースに所属する教員は、常に学生と同じ目線に立ち、対話を重視しながら、学びの苦労を分かち合い、新たな成果をともに喜び合う関係を築いています。
さらに、カリキュラムにおいては、少人数の科目を随所に配置し、きめ細やかな学修を展開しています。仲間と協力しながら楽しく学び、高度なバイオの専門知識と、実践的なスキルを身につけます。
4年間の学修、実験そして研究を通じて、薬学、農学、医学、理学、工学など多彩な領域で専門職として活躍するための基礎力と応用力を育み、未来を支える人材を育成します。

学びの特色

生物分野のあらゆる「未知」と出会える

高校時代から生物が得意だったため、知識を深めたいと思い生命科学コースを選びました。医療、食品、微生物、分子生命など、さまざまな生命分野を学ぶことを通して、自分の興味関心を見極められるのがこのコースの魅力です。特に、生体内のアミノ酸やタンパク質の構造を学ぶ授業が興味深く、今では4年次の卒業研究につなげたいと思っていますが、まだまだ未知のことばかりで発見の毎日。さらに研究を深めたいという気持ちが強くなっています。

平田幸大 さん

理工学部 理工学科 生命科学コース3年
静岡県 浜松学芸高等学校 出身

01学外の施設見学

2年次の実験科目では、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究施設を訪ね、海洋微生物の研究者のレクチャーを受講します(写真は「しんかい6500」)。授業で得た知識や技術が、どのような研究の基盤となっているのかを学びます。3年次には食品会社の見学も実施。学生たちは、大学と社会とのつながりを実感しています。

02卒業研究発表会

4年次の最後、2月上旬に行われる卒業研究発表会は大学生活のハイライト。一人ひとりが1年間の実験データを1ヵ月以上かけてまとめ上げ、パワーポイントを使って発表します。質疑応答では緊張がピークに達しますが、その後の達成感と解放感はとても言葉では表せません。学生はこのハードルを乗り越え、社会へと巣立っていきます。

Study flow

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・中学校教諭(理科)
  • ・高等学校教諭(理科)
  • ・司書
  • ・司書教諭 ほか
  • ※ 「応用化学コース」に関する資格も一部取得可能です。
学科コース関連資格
  • ・バイオ技術者認定(2年次中級・3年次上級)

主な進路

食品関連/医療・医薬品関連/化粧品関連/環境・衛生関連/教育(中学・高校)/国家・地方公務員/大学院進学 など

主な就職先

トモヱ乳業(株)/ハチ食品(株)/キリン(株)/カネ美食品(株)/横浜冷凍(株)/山崎製パン(株)/敷島製パン(株)/(株)でん六/ジェーピーエス製薬(株)/岡野薬品(株)/中北薬品(株)/ウエルシア薬局(株)/長谷川歯科(株)/(株)アイコン・ジャパン/野村マイクロ・サイエンス(株)/(株)スズキヤ/コーケン化学(株)/(株)長府製作所 など