栄養学部 管理栄養学科

すべての人が健康な生活を送れるよう、食生活と健康管理の面から貢献できる専門家「管理栄養士」となるために必要な知識と技術、ならびにコミュニケーション能力を修得します。

管理栄養学科管理栄養学科

学びの特色

大学時代に履修した栄養学の講義で、食事の中に含まれているさまざまな栄養素が、体内に入ってから体外に排泄される間の、消化・吸収、代謝過程について興味を持ったことがきっかけとなり、大学院へ進み栄養学に関わる研究に携わることになりました。
その頃は、成人期に多発する病気は、総称して「成人病」と呼ばれていましたが、その後の研究によって、成人病の多くは、生活習慣、特に食習慣に起因して発症することが明らかになり「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。また、病気の治療面では、早期発見早期治療から予防へと視点が移り、昨今の健康を重視する考え方が浸透してきました。
現在、私が携わっている栄養教育では、栄養学の知識を基に、望ましい食生活を送るための適切な食事についての知識を提供したり、不適切な食行動や食習慣を健康によいものへ変えようとする人のお手伝いをしたりしています。これらを通して、お一人おひとりの生活の質の向上に貢献できることを目指しています。

高橋 史江菅洋子

高橋 史江Fumie Takahashi

栄養学部准教授

研究テーマ
栄養教育論、応用栄養学

学生インタビュー

田口沙織 さん、城島実加 さん

「進学進路を決定する時、生涯続けられる職業のための資格を取得したいと考え、多くの管理栄養士を輩出している点に魅力を感じて、関東学院大学で栄養学を学ぼうと志望しました。卒業後は、特別養護老人施設で高齢者の食事環境の整備と向上に貢献していきたい、と決意を新たにしています」。(田口さん)

「高校時代の運動部マネージャー経験から、栄養面からも人の日々を支えたいと考えました。幼児の食物アレルギー調査や小学校実習を通じて、食育の大切さを再認識。食物や食生活、食品産業などを見つめるフードスぺシャリストとして、生活者の視点に立った食文化の担い手を目指します」。(城島さん)

Profile
【写真左】 人間環境学部健康栄養学科 4年
田口沙織 さん
神奈川県横浜隼人高等学校出身
長谷川フードサービス株式会社に就職内定
【写真右】 人間環境学部健康栄養学科4年
城島実加 さん
静岡県静岡学園高等学校出身
株式会社にLEOCに就職内定

4年間の学び

専門的な知識と技術を身につけ、相手の立場に立って考えられる管理栄養士を育てます。

4年間の学び4年間の学び

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・栄養士
  • ・栄養教諭
  • ・司書 ほか
受験資格が得られる資格
  • ・管理栄養士
  • ・フードスペシャリスト
任用資格が得られる資格
  • ・食品衛生管理者
  • ・食品衛生監視員

主な進路

病院などの医療機関、社会福祉施設(保育所・高齢者施設)、栄養教諭、食品メーカー(企画開発・営業)、学校・事務所などの給食施設、ドラッグストア など

主な就職先

横浜市役所、川崎市役所、新潟市役所、長野県庁、日本赤十字社秦野赤十字病院、横浜市立みなと赤十字病院、くすのき保育園、蒲田保育園、東邦薬品(株)、キユーピー(株)、(株)ニチレイフレッシュプロセス、エームサービス(株)、米久(株)、(株)グリーンハウス、日清医療食品(株) など
(人間環境学部2014年度実績)