栄養学部
管理栄養学科

食・栄養・健康の知識と技術を学ぶ

食と栄養についての専門的な知識を学び、食べる人の立場になって考えることのできる人間性豊かな管理栄養士を育成するために、傷病者や要支援者の栄養管理に必要な医学、栄養学、臨床栄養学、栄養指導について学びます。
また、食品学で食品の栄養素や食品の持っている機能、食品の加工技術について学び、公衆栄養学を通じて生活習慣および食生活の改善による病気の予防について学びます。
特定多数の人に食事を提供するための給食マネジメント、調理科学に基づく調理技術、衛生管理等について学ぶ環境も充実しています。
管理栄養士の活躍の場は多岐にわたり、医療施設、保健所、学校、福祉施設など、豊富な実習先での現場体験により管理栄養士の仕事についての理解をより深めることができます。
国家試験対策においても、模擬試験の実施や対策講座により
合格を徹底的にサポートしています。

学びの特色

食の現場ですぐに役立つスキルを会得

管理栄養士になって病院で働きたいと思い、管理栄養学科を選びました。実際に食の現場で活躍をされていた先生方が教えてくださる現場の声や実用的な技術が、学外で行う病院の実習でとても役に立っています。例えば「珍しい料理ではなく、誰もが真似できる料理を考えて献立をたてるように」といった具体的な指導は、さまざまな病院で生かすことができました。将来は、多くの患者さんと接しながら、医師や看護師にも頼られる存在になりたいです。

玉野帆乃佳 さん

栄養学部 管理栄養学科 3年
鳥取県 米子西高等学校 出身

01充実した実験・実習室

栄養学部の実験・実習室は、横浜・金沢八景キャンパスのE6号館の2~4階にあります。管理栄養士に必要な、人々が健康で過ごすための知識は、座学だけでは収まりません。現場で生かせる確かな技術を修得するために、「給食管理実習室」をはじめとする各実験・実習室での実体験を大切にしています。

02「フードスペシャリスト」資格試験合格率100%

食と栄養の専門的な知識をさまざまなフィールドで生かすことができる「フードスペシャリスト」とは、食の流通から販売までの専門知識を持ち、販売者や消費者に対し、評価・鑑別、指導・助言、コーディネートする専門職です。公益社団法人日本フードスペシャリスト協会から養成課程を持つ学科として認定されています。

Study flow

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・栄養士
  • ・栄養教諭
  • ・司書 ほか
受験資格が得られる資格
  • ・管理栄養士
  • ・フードスペシャリスト
任用資格が得られる資格
  • ・食品衛生管理者
  • ・食品衛生監視員

主な進路

病院などの医療機関/社会福祉施設(保育所・高齢者施設)/栄養教諭/食品メーカー(企画開発・営業)/学校・事務所などの給食施設/ドラッグストア など

主な就職先

東京都/長野県/横浜市/川崎市/東海大学医学部付属病院/横浜市立みなと赤十字病院/横浜市立大学附属病院/(社福)くすのき保育園/(社福)蒲田保育園/東邦薬品(株)/キユーピー(株)/(株)ニチレイフレッシュプロセス/エームサービス(株)/シダックスフードサービス(株)/(株)グリーンハウス/日清医療食品(株)/(株)日本生科学研究所 など