法学部 法学科

社会の変化をとらえながら法を学び、法的感覚や判断力、問題解決力を磨いていきます。専門家として、企業人として、市民として、より良い社会づくりを提案できる力を身につけます。

法学科

学びの特色

「法」は、日々の買い物、スマートフォンの利用から、車の運転、病気やけがの治療、そして就職、結婚、子育てなど、私たちの生活のあらゆるところに関わっています。ですから、法律の知識を生かす場面は非常に多岐にわたります。法学を学ぶことでリーガルマインドを身につけた人は、「法の支配」や「コンプライアンス」が重視される現代社会には不可欠な人材です。
私が教えている「法哲学」は、「この法律の根底にある価値観は何か」「この問題はそもそも法で裁くべきなのか」といった、法の“根っこ”を考える学問。ゼミナールでは、私が紹介した文献をヒントに学生が「徴兵制を導入すべきか」「夫婦別姓を認めるべきか」といった“お題”を考え、学生同士で徹底的に議論します。テレビやインターネットで流れる一見もっともらしい意見を鵜呑みにせず、他人の言葉に耳を傾けながら、自分の頭でとことん考えます。これからどのような社会をつくっていくべきなのか、そしてそのためにはどのような法制度が必要なのか、一緒に考えてみませんか。

鳥澤 円

鳥澤 円Madoka Torisawa

法学部 准教授

研究テーマ
法哲学

学生インタビュー

田口直幸さん

法学部 法学科 4年
志田 旭 さん
神奈川県 津久井浜高等学校出身
就職内定先:警視庁

高校生の時に「ロー&オーダー」というアメリカの刑事・法廷ドラマを観て、法律に興味を持つようになりました。入学後は、鳥澤ゼミで法哲学を選択しています。話題のニュースや社会問題についてゼミ仲間と意見を闘わせる授業を通じて、自らの考えを深めることができました。4年生になった現在は、「取り調べの可視化」についての卒業論文に取り組み中です。卒業後、警察官への道に進むことが決まっているので、密室の取調室でのやりとりを録音すべきかどうかは、とてもリアルなテーマ。それだけにしっかり考察したいと思っています。

4年間の学び

1年生のコース入門を踏まえ、興味や将来を見据えてコース選択。実社会で生きる知識と考え方を学びます。

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・中学校教諭(社会)
  • ・高等学校教諭(公民)
  • ・司書
  • ・司書教諭
学科関連資格
  • ・法曹資格
    (裁判官/検察官/弁護士)
  • ・司法書士
  • ・行政書士
  • ・社会保険労務士
  • ・宅地建物取引士
  • ・税理士
  • ・通関士 ほか

主な進路

銀行・証券会社 / 流通サービス業 / 情報・通信関連 / 商社 / 法律事務所 / 国家・地方公務員(行政職) / 警察官 / 裁判所事務官 / 法科大学院進学 / 教員(中学・高校) など

主な就職先

小田原市役所 / 茅ヶ崎市役所 / 山北町役場 / 警視庁 / 神奈川県警察本部 / 静岡県警察本部 / 藤沢市消防局 / 防衛省海上自衛隊 / 日本郵便(株)(日本郵政グループ) / (株)沖縄銀行 / 湘南信用金庫 / 東洋証券(株) / (株)LR小川会計 / 大和ハウス工業(株) / KDDI(株) など