人間共生学部 共生デザイン学科

私たちの生活の中のさまざまな課題を発見し、新たな提案を構想するためのデザイン知識を学びつつ、構想を具体的に表現するためのデザイン技術を修得し、共生の時代にデザインで貢献できる人材を育てます。

共生デザイン学科

学びの特色

夏に実施した2泊3日のフィールドスタディは、私にとっても夢のような授業でした。テーマは「自転車×空き家」。尾道と今治を結ぶ全長70kmのサイクリングコース“しまなみ海道”を走破。自転車で町の空気を体感しながら、その土地土地で空き家再生の活動を見学しました。過疎化や空き家問題に挑む人々、移住してカフェやゲストハウスを営む人々との出会いは、学生たちに大きな刺激を与えたようです。秋学期では、その経験を映像やポスターなどの成果物にまとめる作業に取り組んでいます。
幅広くデザインを学べるこの学科の中で私が担当するのは、コミュニティデザイン。学生は空き家再生などのプロジェクトに参加し、地域の課題を実践的に解決することを学びます。一つの理想として目指しているのが「コミュニティビジネス」という次の段階。学生が課題に継続して取り組み、将来の就職先として育てていければ、と。ハードルは高いですが、学生が好きなことを見つけて起業し、後輩もそこに就職するという流れができたら面白い。その可能性を少しずつ探っていきたいですね。

日髙 仁

日髙 仁Jin Hidaka

人間共生学部 准教授

研究テーマ
コミュニティデザイン、
フィールドスタディ

学生インタビュー

丸山 のどか さん

人間環境学部
人間環境デザイン学科 3年
丸山 のどか さん
東京都 杉並学院高等学校出身

高校時代は将来のビジョンを見出せずにいましたが、美術や建築、インテリア、環境などを幅広く学べるこの学科で考えが一変しました。先日も、市民の皆さんとともに避難生活を体験し、被害を最小限に抑える「減災教育キャンプ」に参加。また、フィールドスタディで訪れた尾道では、観光客を移住者として取り込む活動に衝撃を受けました。住む場所や仕事、生き方にはこんなにも多くの選択肢があるのかと。卒業研究では、尾道での経験を参考に、中学まで過した新潟に移住者を増やすシステムを考案したいと考えています。

4年間の学び

多様な生活文化を理解し、社会・自然と共生するライフスタイルの提案ができる力を身につけます。

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・学芸員
  • ・司書
受験資格が得られる資格
  • ・二級建築士
  • ・インテリアプランナー
  • ・商業施設士補
学科関連資格
  • ・インテリアコーディネーター
  • ・カラーコーディネーター
  • ・福祉住環境コーディネーター
  • ・ビオトープ管理士
  • ・環境カウンセラー ほか

主な進路

ライフライン関連会社 / インテリア設計・販売会社 / 住宅・不動産会社 / 建築・設計会社 / リビング用品・電化製品販売会社 / 広告デザイン・マーケティング会社 / ファッション・アパレル会社 / エコビジネス関連 / ソーシャルビジネス関連 / 公務員・公共団体職員 / 大学院進学 など

主な就職先

積水ハウス(株) / パナソニックリフォーム(株) / 住友不動産(株) / (株)FJネクスト / (株)エーアンドエーマテリアル / (株)富山第一銀行 / (株)島忠 / (株)ライフコーポレーション / (株)日本百貨店 / (株)パル / (株)ライトオン / (株)商業藝術 / (株)あさひ / 神奈川県民共済生活共同組合 / 横須賀市役所 など