人間共生学部 共生デザイン学科

私たちの生活の中のさまざまな課題を発見し、新たな提案を構想するためのデザイン知識を学びつつ、構想を具体的に表現するためのデザイン技術を修得し、共生の時代にデザインで貢献できる人材を育てます。

共生デザイン学科共生デザイン学科

学びの特色

設計の仕事をしていた叔父の家が坂の途中に建つユニークなデザインで、この家がきっかけで高校生の時に建築の勉強を志すことにしました。住居学を専攻したのは、身近な生活から建築を考えることが楽しそうだったし、女性の得意分野だと考えたから。卒業後は設計事務所に勤務しましたが、あるとき、施主にスペイン風の家を注文されて悩みました。私はモダンでシンプルな住宅が理想と学んできたので、そちらの方向へ説得しなくては、と。もっと経験豊富だったら施主と協力しつつ、第三の道を探ることができたかもしれません。しかし、当時は私も若かったから施主を説得することしか頭になかったんですね。その後「主張の根拠となる住居史を学びたい」と思い、大学院に入ったのが研究者への道につながりました。いろいろな経験から現場の重要性を痛感してきたので、今、学生にはなるべく現場を訪れる機会を提供しています。空き家の活用プロジェクト、旧伊藤博文別邸などの文化財保存プロジェクトなどに参加することで、課題を解決する力や共同作業をする力が育つと思っています。

水沼 淑子水沼 淑子

水沼 淑子Yoshiko Mizunuma

人間共生学部教授

研究テーマ
住居学

学生インタビュー

半田佑介 さん

人間環境学部
人間環境デザイン学科4年
半田佑介 さん
山梨県北杜高等学校出身
積水ハウス株式会社に就職内定

人間が暮らす空間について、建物の内部空間や家具だけでなく、町づくりも含めて総合的に学んでいます。実際に建物を見て強い印象を受けることも多く、2年次に授業で瀬戸内国際芸術祭(香川県直島)に行ったときは、建築、アート、自然が一体になった風景に心を揺さぶられました。また金沢八景にある旧伊藤博文別邸では、室内からの海の景観に感動しました。
ゼミでは住宅の保全・再生という視点から、この邸を活用するイベントを開催しています。邸の魅力をいかに引き出すか、先生や学生仲間と考え、知恵を絞ったことも貴重な経験になりました。

4年間の学び

多様な生活文化を理解し、社会・自然と共生するライフスタイルの提案ができる力を身につけます。

4年間の学び4年間の学び

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・学芸員
  • ・司書 ほか
受験資格が得られる資格
  • ・二級建築士
  • ・インテリアプランナー
  • ・商業施設士補
学科関連資格
  • ・インテリアコーディネーター
  • ・カラーコーディネーター
  • ・福祉住環境コーディネーター
  • ・ビオトープ管理士
  • ・環境カウンセラー

主な進路

ライフライン関連会社、インテリア設計・販売会社、住宅・不動産会社、建築・設計会社、リビング用品・電化製品販売会社、広告デザイン・マーケティング会社、ファッション・アパレル会社、エコビジネス関連、ソーシャルビジネス関連、公務員・公共団体職員、大学院進学 など

主な就職先

青山商事(株)、(株)久慈建築設計事務所、コニカミノルタビジネスソリューションズ(株)、(株)サマンサタバサジャパンリミテッド、(株)ザラ・ジャパン、(株)東急ホームズ、東京ガス(株)、(株)東邦銀行、日本トイザらス(株)、日本郵便(株)(日本郵政グループ)、(株)フレッシュハウス、(株)ブルックスブラザーズジャパン、美和ロック(株)、湯河原町役場、よこすか葉山農業協同組合 など
(人間環境学部2014年度実績)