教育学部
こども発達学科

伝統と実績ある教育学部

神奈川県で長年にわたり、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭を養成しています。
こども発達学科の学びは、こどもの発達を心と体の両面から、そして人生全体の観点から理解し、保育・教育の課題に対応できる実践的な支援力を養います。
カリキュラムには心理・福祉分野の科目も充実。
保育・教育の面からだけでなく、総合的にこどもの育ちを考える視点を獲得できます。また、隣接する学院内のこども園、小学校での実習やボランティア、近隣公立小学校でのインターンシップなどを通じて、在学中にたくさんのこどもたちの笑顔に出逢えることも特色です。
現場での実践を大学での座学と往復させることで、よりこどもの発達への理解を深めていきます。
「こどもが好き」の思いを、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、特別支援学校教諭といった具体的な将来の夢へと結びつけていけるよう、保育士公務員試験や教員採用試験対策に向けたサポートも手厚く実施しています。

学びの特色

同じ目標を持つ仲間と協力できる環境が嬉しい

関東学院が持つ認定こども園や小学校などが隣接していて、1年次から教育実習を受けられる環境が魅力です。こどもたちとの交流や保護者の反応、現場の先生方の声を聞くことで、めざしたい教師像がより具体的になりました。学部の仲間たちとは協力して苦手な科目を教え合うことで、多くの刺激を受けています。こどもたちが集中して学べるかどうかは教師の技量次第だと思うので、わかりやすくて面白い授業ができる教師をめざします。

河端大我 さん

教育学部 こども発達学科 3年
千葉県 幕張総合高等学校 出身

01こどもの発達を見据えた保幼小連携プログラム

こどもの発達を、現在のみではなく生涯という視点で考えます。乳幼児から児童期までの成長を全体的に支援する「保幼小連携」が、これからの教育のカギとなっています。発達に応じた適切な支援ができるよう、保育士、幼稚園教諭、小学校および特別支援学校教諭の資格・免許の取得を通じて、保育者・教員の養成をめざします。

02総合学院のメリットを生かした実践力養成

関東学院は、認定こども園から小学校、中高、大学、大学院を有する総合学院です。学院内の各校と連携し、ボランティア活動や実習を通じて継続的に園児・児童と関わることができます。教育実習期間のみならず、こどもたちと触れ合う機会が身近にあることで、こどもに対する深い理解と実践力が養われます。

Study flow

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・小学校教諭(一種)
  • ・特別支援学校教諭(一種)
  • ・幼稚園教諭(一種)
  • ・保育士
  • ・認定心理士
  • ・司書教諭
  • ・司書 ほか
任用資格が得られる資格
  • ・社会福祉主事

主な進路

小学校/幼稚園/保育所/認定こども園/社会福祉施設(障がい児・養護施設など)/子育て支援施設/子ども関連企業/地方公務員 など

主な就職先

【公務員 小学校教諭】
横浜市/川崎市/相模原市/横須賀市/神奈川県/東京都 など
【公務員 保育士・幼稚園教諭】
横浜市/藤沢市/鎌倉市/茅ヶ崎市/東京都 など
【その他】
川崎市社会福祉事業団 など