教育学部
こども発達学科

伝統と実績のある教育学部

神奈川県で長年にわたり、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭を養成しています。
教育学部の学びは、こどもの発達を心と体の両面から、そして人生全体の観点から理解し、教育・保育の課題に対応できる実践的な支援力を養います。カリキュラムは、乳幼児期から児童期のこどもを発達の視点から全体的に捉える「保幼小連携」の立場で構成。
専門的な学びとともに、心理や福祉の面からもこどもの育ちを考えます。大学に隣接するこども園、小学校などで実習、演習を通じて実践力を高め、教員採用試験や保育士公務員試験に向けたサポートを行っています。

学びの特色

川之上 光 さん

外国のこどもとの触れ合いから、
こどもたちへの理解が深まりました

教育学部を選んだ理由は、小学生のときに素晴らしい先生と出会えたことがきっかけで、小学校教師について学びたいと思ったからです。関東学院は、保育、幼児教育、小学校教育、特別支援教育、心理学と、幅広い分野を隣接する施設で実践的に学べることが大きな魅力でした。六浦こども園や六浦小学校で行うボランティアでは、こどもたちと触れ合いながら、現職の先生方からお話を聞くことができます。
最近は、横浜市の教育委員会が推進している「国際理解教育」で、外国籍児童の放課後支援や授業のサポートに取り組んでいます。カナダでの短期留学、アメリカでの研修、タイでの国際教育ボランティアに参加したことは、とても大きな意味がありましたね。

川之上 光 さん

教育学部 こども発達学科 3年
静岡県 日本大学三島高等学校出身

01こどもの発達を見据えた保幼小連携プログラム

こどもの発育を、現在のみではなく生涯という視点で考えます。そのため、乳幼児から児童期までの成長の流れを全体的に支援していく「保幼小連携」が、これからの教育のカギとなっています。教育学部では、こどもの発達に応じた適切な支援ができるよう、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭及び特別支援学校教諭の資格・免許の取得を通じて、こども理解に根差した保育者・教員になることを目指しています。

02総合学院のメリットを生かした教育活動

関東学院は、認定こども園から小、中、高等学校、大学、大学院を有する総合学院です。教育学部は隣接する六浦こども園、六浦小学校をはじめとする学院各校と連携しており、ボランティア活動や実習を通じて継続的に園児・児童と関わることができます。教育実習期間のみならず、こどもたちと触れ合う機会が身近にあることで、こどもに対する深い理解と実践力が養われます。

Study flow

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・小学校教諭(一種)
  • ・特別支援学校教諭(一種)
  • ・幼稚園教諭(一種)
  • ・保育士
  • ・認定心理士
  • ・司書
任用資格が得られる資格
  • ・社会福祉主事 ほか

主な進路

小学校 / 幼稚園 / 保育所 / 認定こども園 / 社会福祉施設(障がい児・養護施設など) / 子育て支援施設 / 子ども関連企業 / 地方公務員 など

主な就職先

【公務員 小学校教諭】 横浜市 / 川崎市 / 茅ヶ崎市 / 平塚市 / 伊勢原市 / 神奈川県 / 東京都
【公務員 保育士・幼稚園教諭】 横浜市 / 藤沢市 / 鎌倉市 / 茅ヶ崎市
【その他】 川崎市社会福祉事業団 など