経済学部
経済学科

卒業後の進路を見据えた教育

経済学科がめざすのは、社会の動きを正しく判断する分析力を身につけるとともに、自分が社会とどのように関わっていくのかというビジョンを育む教育です。
「国際化」や「少子高齢化」といった社会課題を広い視野を持って捉えつつ、現実社会の中で自身が成すべきことを見出すことが重要です。
こうした人材を育成するため、経済学科では、「産業・金融」「公共経済」「国際経済」「ワーク&ライフ」「国際化と地域社会」のコースによる教育課程を用意しています(コース制については2020年度にカリキュラム変更予定)。
また、コース制の学びに加えて、経済学検定試験(ERE)や各種資格・公務員試験対策、教職課程やグローバル人材育成プログラムの充実などにも力を入れ、卒業後の進路も見据えたサポート体制を整備しています。
さらに、高度かつ実践的な内容の「プレミアム科目」を新設し、学生がさらに成長できる機会を提供しています。

学びの特色

さまざまな観点から、世界を見つめる

グローバル化する現代において経済学を学ぶことで、幅広い知識とともに、さまざまな意見やものの見方を知ることができます。例えば、経済を数学的思考で捉えたり、視点を1つだけではなく2つ3つ持つことで、考えが無限にふくらんでいくことが面白いです。自分自身のことも客観的にみつめることができるようになり、将来は「人に頼られる指導者になりたい」という目標もできました。高校の時の先生の影響もあり、教員免許をとる勉強を始めています。

細川脩造 さん

経済学部 経済学科 2年
静岡県 藤枝東高等学校 出身

01海外のボランティアに参加して自分を大きく変えるチャンスがあります

1年次から履修できる「海外ボランティア論」では、夏期休業中にフィリピンで6日間の海外ボランティア研修に参加します。経済成長が著しいアジアの国々は、一方で貧困問題にも直面しています。現地でボランティアを実践し、社会課題を目の前にしながら学修することで、自分に何ができるかを真剣に探究します。

02グローバル人材育成に向けた新たな取り組み

グローバル人材育成プログラムの一環として公益財団法人横浜市国際交流協会(YOKE)と連携して新たな取り組みを始めました。国際機関で働く実践者等から話を聞き学びつつ、学生自身もYOKEのインターンとして実務を担う科目「国際実務実習」を整備しています。

Study flow

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・中学校教諭(社会)
  • ・高等学校教諭(地理歴史/公民/商業)
  • ・司書
  • ・司書教諭 ほか
学科関連資格
  • ・ファイナンシャルプランナー
  • ・証券アナリスト
  • ・公認会計士
  • ・中小企業診断士
  • ・税理士
  • ・販売士
  • ・ITパスポート/ITストラテジスト
  • ・社会保険労務士
  • ・行政書士

主な進路

銀行・証券会社/流通サービス業/IT関連企業/商社/環境関連ビジネス/福祉関連ビジネス/外資系企業・国際機関/国家・地方公務員/NPO(非営利組織)/NGO(非政府組織)/民間企業(全般)/大学院進学 など

主な就職先

(株)横浜銀行/(株)ゆうちょ銀行/湘南信用金庫/横浜信用金庫/川崎信用金庫/横浜農業協同組合/SMBC日興証券(株)/富国生命保険(相)/警視庁/神奈川県警察本部/川崎市役所/平塚市役所/品川区役所/東京高等裁判所/日本航空(株)/東日本旅客鉄道(株)/東京急行電鉄(株)/東日本電信電話(株)/パナソニック(株)/日本郵便(株) など