経営学部
経営学科

K-biz×理論×実践=可能性∞

経営学は、会社経営の方法について研究する学問です。
「経営学の理論」の種は、常に「経営の現場」で見出すことができます。
だからこそ、「理論」を学ぼうとするときには、「現場」で学ばなければなりません。
しかしながら、旧来の大学教育では、学生が「現場」を訪れる機会は、多くはありませんでした。
そこで、2017年の経営学部新設と同時に「K-biz」と「ビジネスプラン教育」を組み合わせ、まったく新しい教育プログラムを整備しました。
「K-biz」では、三菱UFJ銀行、毎日新聞社、中外製薬、京浜急行電鉄など、東証一部上場企業や地元企業をサポーターとして、教育展開や今後の社会に必要とされる人材のあり方をともに議論し、共同プロジェクトを進めていきます。
さらに、1年次から「ビジネスプラン」、つまり新しいビジネスの企画を立案することで、実践的な学びを展開し、学生の可能性を広げていきます。

学びの特色

どうしたら商品が売れるのか、企業の視点で考える

大学にいながら、経営の「現場体験」ができるのが魅力です。実際に、ゼミの活動で地元企業の会社案内パンフレット制作を行いました。自動車や飛行機の部品を製造している企業だったのですが、どんな商品を作っているのか初めて見る方にも分かりやすく伝わるように、デザインや編集を工夫しました。企業の目線に立って考えることができたこと、大勢の前でプレゼンをした経験も大きな自信に。マーケティングを学ぶことで、社会を見る目が変わりました。

河野智恵子 さん

経済学部 経営学科 3年
神奈川県 関東学院六浦高等学校 出身

01K-biz=学生が「経営の現場」に出ていく仕組み

学生が「経営の現場」に出ていくには、その仕組みが必要です。それが、K-bizです。ここで一番重要なのが、企業の協力。ただし、K-bizではサポーター企業を10社に限定し、深く、長く付き合います。そうすることで、仕組みが改善され、プロジェクトも発展し、他の会社や団体へとネットワークが広がりやすくなります。

02ビジネスプラン教育

学生が「経営の現場」に出ていくベースとなるのが、1年次のビジネスプラン教育です。学生は自ら新しいビジネスを考えながら、「経営の理論」を学びます。例えば、自分のお店をライバル店と差別化するためには、ライバル店に足を運ぶ必要が出てきます。この教育は学生が「経営の現場」に出ていくきっかけになるのです。

Study flow

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・司書 ほか
学科関連資格
  • ・税理士
  • ・公認会計士
  • ・中小企業診断士
  • ・ファイナンシャルプランナー
  • ・ITパスポート/ITストラテジスト
  • ・販売士
  • ・証券アナリスト
  • ・社会保険労務士
  • ・行政書士
  • ・旅行業務取扱管理者

主な進路

企業管理者(民間企業全般)/製品開発担当者/マーケティングリサーチャー/サービス業(旅行関連業務、鉄道、ホテル)/金融業(銀行・証券・保険・信金・JA等)/システム担当者(IT関連業務)/税理士、公認会計士/流通小売業(百貨店、総合スーパー、専門店等)/商社/起業家/国家・地方公務員(含警察・消防)/NPO(非営利組織) など

主な就職先

(株)みずほフィナンシャルグループ/(株)三井住友銀行/(株)静岡銀行/湘南信用金庫/東日本旅客鉄道(株)/西日本旅客鉄道(株)/東京地下鉄(株)/積水ハウス(株)/大和ハウス工業(株)/富士ソフト(株)/(株)伊藤園/東京ガス(株)/日本郵便(株)/神奈川県警察本部/東京消防庁 など