経営学部 経営学科 ※2017年4月スタート

企業や組織の運営・管理に必要な知識とスキルを学修し、ビジネス社会において活躍できる社会人基礎力を備えた有為な人材を育成します。教育研究の学際化と社会のニーズに対応し、複合的な視点を持ち主体的かつ柔軟に考え行動する力の養成と、就業力・キャリア能力拡充のための実践的な学びに力を注ぎます。

経営学科経営学科

学びの特色

経営学の一分野である会計学。「財務諸表」と呼ばれる会計報告書には数字が並ぶので、学習には数学が必要ですか、と質問されることがあります。しかし実際の会計学は、企業評価のために経営活動をいかに適切に捉えて報告書を作成し、企業経営に生かすかを考える学問なのです。
会計の知識は、経営者にはもちろん、企業の財務・経理部門や企画担当職や営業職にとっても重要です。
例えば企画担当者は会計の視点から成果やコストを企画に織り込んで提案できるでしょうし、営業職は取引先の経営相談にのることで関係を強化できる可能性もあります。
ビジネスシーンでは有益な会計の知識ですが、学生にとって馴染みがないのも事実。でも、就職活動の際には企業の財務諸表など見てその状態を判断できるようにして欲しいですね。授業では、多くの学生が興味をもてるよう、サッカーのクラブチームの財務でータを取り上げたりもします。運動部の学生たちもがぜん興味をもちだしますよ。

渡辺 竜介渡辺 竜介

渡辺 竜介Ryusuke Watanabe

経営学部教授

研究テーマ
財務会計

学生インタビュー

髙草木聖也さん田邊一樹さん

会計学を専門とする渡辺ゼミで学んでいる二人は、思い描く夢は違えども、未来を見据えて大学生活を有意義に過ごしています。「中学生の頃から経営に興味があり、会社設立のノウハウ本を読んでいました。将来起業するために必要な会計について学びたくて、渡辺ゼミを履修しました」。(髙草木さん)

「僕は、大学入学後に金融業界でのインターンシップを経験したことで将来の道が見えてきました。金融といえば銀行と証券会社がありますが、卒業後はより競争の厳しい証券会社に身を置いて自分の可能性を試すつもり。ゼミで学んでいる会計の知識は、その際にきっと役立つはずです」。(田邊さん)

Profile
【写真左】 経済学部経済学科3年
田邊一樹 さん
千葉県銚子高等学校出身
【写真右】 経済学部経済学科3年
髙草木聖也 さん
神奈川県川崎市立商業高等学校出身

4年間の学び

ビジネスの理論を学び、社会で役立つ力を養います。

4年間の学び4年間の学び

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・司書
学科関連資格
  • ・税理士
  • ・公認会計士
  • ・中小企業診断士
  • ・ファイナンシャルプランナー
  • ・ITパスポート/ITストラテジスト
  • ・販売士
  • ・証券アナリスト
  • ・社会保険労務士
  • ・行政書士
  • ・旅行業務取扱管理者 ほか

主な進路

流通小売業(百貨店、総合スーパー等)、金融業(銀行、証券、保険、信金、JA等) 資源、エネルギー関連企業、IT関連企業、商社、起業家、公認会計士、税理士、サービス業(鉄道、ホテル、旅行代理店等)、国家・地方公務員(含 警察、消防)、NPO(非営利組織)、民間企業(全般) など

主な就職先

積水ハウス(株)、大和ハウス工業(株)、東京電力(株)、JX日鉱日石エネルギー(株)、(株)三越伊勢丹、(株)そごう・西武、(株)セブン-イレブン・ジャパン、横浜ゴム(株)、九州旅客鉄道(株)(JR九州)、(株)新生銀行、湘南信用金庫、星野リゾートグループ、(株)横浜ロイヤルパークホテル、警視庁、秦野市役所 など
(経済学部2014年度実績)