経営学部
経営学科

K-biz ×理論×実践=可能性∞

経営学は会社経営の方法について研究する学問です。そして「経営の理論」の種は常に「経営の現場」から生まれています。
ですから、「経営の理論」を学ぶには「経営の現場」にも出ていく必要があります。しかし、大学には学生が「経営の現場」に出ていく仕組みがなく、さらに、大学で教える「経営の理論」は学生が「経営の現場」に出ていくときにはちょっと使いづらいものでした。
そこで、関東学院大学経営学部では「K-biz」と「ビジネスプラン教育」を組み合わせた新しい教育プログラムを提供します!

学びの特色

田多 祐希 さん

現場で活かせる経営感覚を、
肌で学んだ4年間でした

私は大学入試前に自分の進みたい道がはっきり見えていなかったので、大学在学中に進路を決めようと思っていました。経営学科を選んだ理由は、将来どのような企業に入社したとしても、経営の勉強は活かせると思ったからです。大きな転機となったのは、ゼミで2年生の秋から参加した「K-bizマルシェ」でした。自分たちで行ったマーケティングの結果がリアルに現れる実習で、お客様に喜んでいただくことの大切さを実感したのです。実習で学んだことは、アルバイトで活かせたり、自分が客の立場であるときに実感できたりと、授業と生活がリンクした4年間でした。貴金属ジュエリー会社への入社が内定していますが、お客様からの信頼を集められる人間になりたいと思っています。

田多 祐希 さん

経済学部 経営学科 4年
東京都 東京女子学園高等学校出身
就職内定先 田中貴金属ジュエリー株式会社

01K-biz =学生が「経営の現場」に出ていく仕組み

学生が「経営の現場」に出ていくには、その仕組みが必要です。それが、K-bizです。ここで一番重要なのが、会社の協力。ただし、K-bizではサポーター企業を10社に限定し、深く、長く付き合います。そうすることで、仕組みが改善され、プロジェクトも発展し、他の会社や団体へとネットワークが広がりやすくなります!

02ビジネスプラン教育

経営学科の教育は学生が「経営の現場」に出ていくことを想定しています。そのベースとなるのが、1年次のビジネスプラン教育です。ビジネスプランとは新ビジネスの企画書のこと。学生は自ら新しいビジネスを考えながら、「経営の理論」を学びます。例えば、自分のお店をライバル店とどう差別化するか、そのためにライバル店に足を運ぶ必要が出てきます。この教育は学生が「経営の現場」に出ていくきっかけになります!

Study flow

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・司書
学科関連資格
  • ・税理士
  • ・公認会計士
  • ・中小企業診断士
  • ・ファイナンシャルプランナー
  • ・ITパスポート/ITストラテジスト
  • ・販売士
  • ・証券アナリスト
  • ・社会保険労務士
  • ・行政書士
  • ・旅行業務取扱管理者 ほか

主な進路

企業管理者(民間企業全般) / 製品開発担当者 / マーケティングリサーチャー / サービス業(旅行関連業務、鉄道、ホテル) / 金融業(銀行・証券・保険・信金・JA等) / システム担当者(IT関連業務) / 税理士、公認会計士 / 流通小売業(百貨店、総合スーパー、専門店等) / 商社 / 起業家 / 国家・地方公務員(含警察・消防) / NPO(非営利組織) など

主な就職先

(株)みずほフィナンシャルグループ / (株)三井住友銀行 / (株)静岡銀行 / 湘南信用金庫 / 西日本旅客鉄道(株) / 東京地下鉄(株) / 積水ハウス(株) / 大和ハウス工業(株) / 富士ソフト(株) / (株)アルファシステムズ / (株)伊藤園 / 東京ガス(株) / 日本郵便(株) / 神奈川県警察本部 / 東京消防庁 など