建築・環境学部 建築・環境学科

工学系だけでなく人文系、社会系、芸術系などの分野から多面的にアプローチする建築・環境学。特色ある5つのコースで、実践的に幅広い技術・知識を身につけます。

建築・環境学科建築・環境学科

学びの特色

本学科では、過去から未来に持続する「時間」と、私たちをとりまく「環境」の2つの視点から、建築を学ぶための5つのコースを用意しました。さまざまな環境共生技術を取り入れた最先端の校舎で、「デザインスタジオ」を中心とする実践的な少人数教育を通して、数多くの要素を創造的に統合するデザイン力を学びます。
1~2年次では各分野の基礎講座と建築設計製図を中心として、建築・環境学を学ぶための基礎を身につけます。3~4年次では希望する5つのコースに分かれて、デザインスタジオを通じて、それぞれの専門分野を集中的に学び、4年間の学修成果を卒業研究として実らせます。
私の専門は「レスタウロ(修復・再生)」。古い街並みや建築を再生・利活用して新しい価値を創造する、イタリアで発展した建築手法です。建築を理解するには、実際に空間を体験するのが一番。担当科目の「建築再生デザインスタジオ」では、横浜に残る歴史的建物の実測調査と再生デザインの提案をセットで行っています。授業を通じて、ぜひ建築を好きになってほしいですね。

粕谷淳司粕谷淳司

黒田 泰介Taisuke Kuroda

建築・環境学部教授

研究テーマ
建築・都市再生デザイン

学生インタビュー

川手直子 さん

工学部建築学科建築コース4年
川手直子 さん
東京都駒沢学園女子高等学校出身
横浜市住宅供給公社に就職内定

団地の再生計画は、私自身が住んでいたこともあり、以前から卒業研究のテーマにと考えていました。黒田教授からの指導は最初から厳しいものでした。「なぜいま、団地再生をする必要があるの?要因は何?住んでいたからが理由ではダメ」。必死に調べてみて、思い込みで高齢者が多いはずと見当していたら、意外とそうでもなかったことを知り愕然。現地で新たに発見したことも含め、黒田教授に意見を伺うと、「使われていない外部空間に注目すれば、団地再生のモデルとして面白いものができるんじゃない?」とのこと。就職先でも団地再生を行っているので、この経験を生かしていきたいです。

4年間の学び

3年次からコース毎に専門分野を学びます。文系の学生でも入学後に必要な理系の知識を得られます。

4年間の学び4年間の学び

資格・就職

目指せる資格・免許

取得できる資格
  • ・高等学校教諭(工業)
  • ・司書
  • ・司書教諭 ほか
受験資格が得られる資格
  • ・一級建築士(実務経験2~4年)
  • ・二級建築士(実務経験0~2年)
  • ・インテリアプランナー(実務経験2年)
  • ・木造建築士(実務経験0~2年)
  • ・建築設備士(実務経験2年)
  • ・コンクリート技士(実務経験2年)
  • ・コンクリート主任技士(実務経験4年)
  • ・コンクリート診断士(実務経験4年)
学科関連資格
  • ・技術士
  • ・技術士(補)
  • ・消防設備士(甲種・乙種)

主な進路

建築設計事務所、都市計画事務所、建設会社、設備工事会社、ビルメンテ会社、住宅メーカー、建材メーカー、設備機器メーカー、デベロッパー、国家・地方公務員、ウェブサイト会社、大学院進学 など

主な就職先

(株)大林組、鹿島建設(株)、清水建設(株)、大成建設(株)、(株)竹中工務店、三井住友建設(株)、積水ハウス(株)、大和ハウス工業(株)、パナホーム(株)、(株)日本設計、(株)山下設計、(株)横河建築設計事務所、(株)関電工、横須賀市役所、横浜市住宅供給公社 など
(工学部2014年度実績)