11月募集

一次選考の通過者に対して、面接、基礎学力試験、プレゼンテーションなどで選抜します。大学進学に対する熱意や意欲はもちろんのこと、学部によっては部活動やクラスの委員など学業以外の活動についても評価します。高校の評定平均値基準なしで受験が可能です。

入試日程

選抜方法(二次選考)

必須の試験

面接 志望理由や大学進学への意欲・熱意をアピールする試験(個人面接形式)
+

出願方法により異なる選抜試験

選抜試験の種類 試験の概要 実施する学部
小論文 提示されたテーマや文章を読んで、論述する試験
プレゼンテーション 事前に与えられた課題について解答・発表する試験
実験実習 実験実習を行い、レポートまたは制作物で評価する試験

国際文化学部

英語文化学科

出願の種類 共通出願資格に加えて必要な条件 二次選考(一次選考を通過していること)
課題型 - [英語プレゼンテーション]100点 [面接※1]100点
資格型 以下のいずれかの資格を有する者。
  • ①英検2級以上
  • ②GTEC for STUDENTS※2の得点が675点以上またはGTEC CBTの得点が1000点以上
  • ③TOEFL ITPの得点が450点以上またはiBTの得点が56点以上
  • ④TOEICまたはTOEIC IPの得点が550点以上
  • ⑤TEAPの得点が226点以上(4技能)または100点以上(2技能)
[面接]100点
実績評価型 以下に該当し、学校等第三者によってその活動の確認が取れている者。
  • 1. 文化・芸術活動等において、高校生以上を対象とする全国規模の大会、コンクール、コンテスト等に出場、参加するなど顕著な成績を収めた者。
[実績に関するプレゼンテーション]100点
[面接]100点
  • ※1 口頭試問を含む。
  • ※2 L&R&Wスコア。Official Scoreのみとする。

出願方法の概要

課題型 一次選考通過者にプレゼンテーションもしくは、実験実習に関する課題が送られます。与えられた課題について、二次選考試験当日にプレゼンテーションもしくは実験実習を行います。
資格型 出願時に学科/コース指定の資格を取得していることが出願条件であり、資格取得証明書(コピー可)を提出します。
実績評価型 高校時代の課外活動(文化・芸術活動・社会貢献活動等)の実績・活動内容を評価します。 ※学部によって異なります。

比較文化学科

出願の種類 共通出願資格に加えて必要な条件 二次選考(一次選考を通過していること)
課題型 - [プレゼンテーション]100点
[面接※1]100点
資格型 以下のいずれかの資格を有する者。
  • ①英検準2級以上
  • ②GTEC for STUDENTS※2の得点が485点以上またはGTEC CBTの得点が700点以上
  • ③TOEFL ITPの得点が430点以上またはiBTの得点が40点以上
  • ④TOEICまたはTOEIC IPの得点が400点以上
  • ⑤TEAPの得点が160点以上(4技能)または80点以上(2技能)
  • ⑥全商英語検定1級
[面接]100点
実績評価型 以下に該当し、学校等第三者によってその活動の確認が取れている者。
  • 1. 文化・芸術活動等において、高校生以上を対象とする全国規模の大会、コンクール、コンテスト等に出場、参加するなど顕著な成績を収めた者。
[実績に関する小論文]100点
[面接]100点
  • ※1 口頭試問を含む。
  • ※2 L&R&Wスコア。Official Scoreのみとする。

出願方法の概要

課題型 一次選考通過者にプレゼンテーションもしくは、実験実習に関する課題が送られます。与えられた課題について、二次選考試験当日にプレゼンテーションもしくは実験実習を行います。
資格型 出願時に学科/コース指定の資格を取得していることが出願条件であり、資格取得証明書(コピー可)を提出します。
実績評価型 高校時代の課外活動(文化・芸術活動・社会貢献活動等)の実績・活動内容を評価します。 ※学部によって異なります。

社会学部

現代社会学科

出願の種類 共通出願資格に加えて必要な条件 二次選考(一次選考を通過していること)
課題型 - [プレゼンテーション、口頭試問]100点
[面接]100点
資格型 以下のいずれかの資格を有する者。
  • ①英検準2級以上
  • ②GTEC for STUDENTS※1の得点が485点以上またはGTEC CBTの得点が700点以上
  • ③TOEFL ITPの得点が430点以上またはiBTの得点が40点以上
  • ④TOEICまたはTOEIC IPの得点が400点以上
  • ⑤TEAPの得点が160点以上(4技能)または80点以上(2技能)
  • ⑥全商英語検定1級
[面接]100点
  • ※1 L&R&Wスコア。Official Scoreのみとする。

出願方法の概要

課題型 一次選考通過者にプレゼンテーションもしくは、実験実習に関する課題が送られます。与えられた課題について、二次選考試験当日にプレゼンテーションもしくは実験実習を行います。
資格型 出願時に学科/コース指定の資格を取得していることが出願条件であり、資格取得証明書(コピー可)を提出します。

法学部

法学科/地域創生学科

出願の種類 共通出願資格に加えて必要な条件 二次選考(一次選考を通過していること)
課題型 - [プレゼンテーション、口頭試問]100点
[面接]100点
実績評価型 以下のいずれかに該当し、学校等第三者によってその活動の確認が取れている者。
  • 1. 文化・芸術活動等において、高校生以上を対象とする大会、コンクール、コンテスト等に出場、参加した者。
  • 2. 高等学校入学以降、社会貢献に価するであろう活動(ボランティア活動など)に従事した経験を持ち、学校等第三者によってその活動の確認が取れている者。
[実績に関する小論文]60分/100点
[面接]100点

出願方法の概要

課題型 一次選考通過者にプレゼンテーションもしくは、実験実習に関する課題が送られます。与えられた課題について、二次選考試験当日にプレゼンテーションもしくは実験実習を行います。
実績評価型 高校時代の課外活動(文化・芸術活動・社会貢献活動等)の実績・活動内容を評価します。※学部によって異なります。

理工学部

生命科学コース/数理・物理コース/応用化学コース/健康・スポーツ計測コース/総合機械コース/自動車コース/ロボティクスコース/電気・電子コース/情報ネット・メディアコース/土木・都市防災コース

出願の種類 共通出願資格に加えて必要な条件 二次選考(一次選考を通過していること)
課題型 - [プレゼンテーションまたは実験実習、口頭試問]100点
[面接]100点
資格型 理工学部で定める「対象資格一覧」表に記載の資格・検定等のポイントを5ポイント以上有する者。
[面接]100点

出願方法の概要

課題型 一次選考通過者にプレゼンテーションもしくは、実験実習に関する課題が送られます。与えられた課題について、二次選考試験当日にプレゼンテーションもしくは実験実習を行います。
資格型 出願時に学科/コース指定の資格を取得していることが出願条件であり、資格取得証明書(コピー可)を提出します。

建築・環境学部

建築・環境学科

出願の種類 共通出願資格に加えて必要な条件 二次選考(一次選考を通過していること)
課題型 - [小論文]60分/100点
[課題発表(プレゼンテーション)、口頭試問]100点
[面接]100点
資格型 以下のいずれかの資格を有する者。
  • ①英検準2級以上
  • ②GTEC for STUDENTS※1の得点が485点以上またはGTEC CBTの得点が700点以上
  • ③TOEFL ITPの得点が430点以上またはiBTの得点が40点以上
  • ④TOEICまたはTOEIC IPの得点が400点以上
  • ⑤TEAPの得点が160点以上(4技能)または80点以上(2技能)
  • ⑥全商英語検定1級
  • ⑦日商簿記検定2級以上
  • ⑧全商簿記検定1級
  • ⑨全経簿記検定1級以上
  • ⑩情報処理検定(ビジネス情報部門、プログラミング部門のいずれか)第1級(全国商業高等学校協会)
  • ⑪情報処理活用能力検定2級以上または情報システム試験(システムエンジニア認定、もしくはプログラマ認定)(職業教育・キャリア教育財団)
  • ⑫情報処理技能検定1級以上(日本情報処理検定協会)
  • ⑬ホームページ作成検定1級(日本情報処理検定協会)
  • ⑭マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(Word, Excel, PowerPoint, Accessのいずれか1つ以上)
  • ⑮建築・環境学部で定める「対象資格一覧」表に記載の資格・検定等のポイントを7ポイント以上有する者。
[資格取得証明書]100点
[取得した資格に関する小論文]60分/100点
[面接]100点
実績評価型 以下のいずれかに該当し、学校等第三者によってその活動の確認が取れている者。
  • 1. 本学科に関連する内容のコンテスト、大会等に参加実績がある者。
  • 2. 高等学校入学以降、社会貢献に価するであろう活動(ボランティア活動など)に従事した経験を持つ者。
[実績に関する小論文]60分/100点
[実績に関する発表(プレゼンテーション)、口頭試問]100点
[面接]100点
  • ※1 L&R&Wスコア。Official Scoreのみとする。

出願方法の概要

課題型 一次選考通過者にプレゼンテーションもしくは、実験実習に関する課題が送られます。与えられた課題について、二次選考試験当日にプレゼンテーションもしくは実験実習を行います。
資格型 出願時に学科/コース指定の資格を取得していることが出願条件であり、資格取得証明書(コピー可)を提出します。
実績評価型 高校時代の課外活動(文化・芸術活動・社会貢献活動等)の実績・活動内容を評価します。 ※学部によって異なります。

人間共生学部

コミュニケーション学科

出願の種類 共通出願資格に加えて必要な条件 二次選考(一次選考を通過していること)
課題型 - [小論文]100点
[課題発表(プレゼンテーション)、口頭試問]100点
[面接]100点
資格型
[英語部門]
以下のいずれかの資格を有する者。
  • ①英検準2級以上
  • ②GTEC for STUDENTS※1の得点が485点以上またはGTEC CBTの得点が700点以上
  • ③TOEFL ITPの得点が430点以上またはiBTの得点が40点以上
  • ④TOEICまたはTOEIC IPの得点が400点以上
  • ⑤TEAPの得点が160点以上(4技能)または80点以上(2技能)
  • ⑥全商英語検定1級
[面接]100点
資格型
[中国語部門]
以下の資格を有する者。
中国語検定試験4級以上(日本中国語検定協会)
[面接]100点
資格型
[情報部門]
以下のいずれかの資格を有する者。
  • ①基本情報技術者(情報処理推進機構)
  • ②初級システムアドミニストレータ(情報処理推進機構)またはITパスポート(情報処理推進機構)
  • ③情報処理検定(ビジネス情報部門、プログラミング部門のいずれか)第1級(全国商業高等学校協会)
  • ④情報処理活用能力検定2級以上または情報システム試験(システムエンジニア認定、もしくはプログラマ認定)(職業教育・キャリア教育財団)
  • ⑤情報処理技能検定1級以上(日本情報処理検定協会)
  • ⑥ホームページ作成検定1級(日本情報処理検定協会)
  • ⑦マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(Word, Excel, PowerPoint, Accessのいずれか1つ以上)
  • ⑧日商PC検定(文書作成、もしくはデータ活用)3級以上(日本商工会議所)
  • ⑨P検(パソコン検定)3級以上(ICTプロフィシエンシー検定協会)
[面接]100点
実績評価型 以下に該当し、学校等第三者によってその活動の確認が取れている者。
  • 1. 文化、芸術活動等において、高校生以上を対象とする全国規模の大会、コンクール、コンテスト等に出場、参加するなど顕著な成績を収めた者。
[実績に関する小論文]60分/100点
[面接]100点

出願方法の概要

課題型 一次選考通過者にプレゼンテーションもしくは、実験実習に関する課題が送られます。与えられた課題について、二次選考試験当日にプレゼンテーションもしくは実験実習を行います。
資格型 出願時に学科/コース指定の資格を取得していることが出願条件であり、資格取得証明書(コピー可)を提出します。
実績評価型 高校時代の課外活動(文化・芸術活動・社会貢献活動等)の実績・活動内容を評価します。 ※学部によって異なります。

共生デザイン学科

出願の種類 共通出願資格に加えて必要な条件 二次選考(一次選考を通過していること)
課題型 - [小論文]100点
[課題発表(プレゼンテーション)、口頭試問]100点
[面接]100点
実績評価型 以下に該当し、学校等第三者によってその活動の確認が取れている者。
文化、芸術活動等において、高校生以上を対象とする全国規模の大会、コンクール、コンテスト等に出場、参加するなど顕著な成績を収めた者。
[実績に関するプレゼンテーション、口頭試問]100点
[面接]100点

出願方法の概要

課題型 一次選考通過者にプレゼンテーションもしくは、実験実習に関する課題が送られます。与えられた課題について、二次選考試験当日にプレゼンテーションもしくは実験実習を行います。
実績評価型 高校時代の課外活動(文化・芸術活動・社会貢献活動等)の実績・活動内容を評価します。 ※学部によって異なります。