ビジネスの現場に出向いて、マーケティングを学ぶ授業があります。

横浜駅東口に位置する商業施設、横浜ベイクォーターが経済学部の「マーケティング論特論」の学びの場です。学生たちは、施設運営会社の横浜ダイヤビルマネジメント株式会社の方から、店舗構成の特徴などの説明を受けた上で、現地の見学に出かけます。「大学で学ぶマーケティング理論が、実社会でどう生かされているかを知ってもらえれば」と話すのは、授業を担当する天野恵美子准教授。
ビジネスの現場を自分の目で見た上で、学生たちが取り組む課題は、横浜ベイクォーターのリニューアルに関する提案。朝のサービスの拡充を提案した高橋優彰さんは「実際のお客様を見ながら、仕事をしている方のお話を聞ける貴重な機会でした。将来は、商品開発や店舗開発の仕事に携わりたいです」。次々と質問し、熱心にメモをとる学生たちの様子に「普段の授業で、あんなに質問を受けることはないんです。現場の持つ力、学生の意欲に驚きました」と天野准教授は話します。

Profile

経済学部経営学科3年 高橋 優彰さん

山梨県山梨学院大学附属高等学校出身

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。