ふれあう機会で地域を活性。目指せ“ストップ孤立”!

 地域福祉が研究テーマの山口ゼミでは、「地域から孤立をなくそう」という趣旨から、 赤い羽根共同募金会の協力を得て、金沢文庫キャンパス内にコミュニティファームを造成。地域で孤立しがちな子育て中の親子や高齢者などを招き、いっしょに野菜の苗を植え、収穫後には食事会を開催するといった活動を展開しています。
 中学生の時、孤独死された方が8カ月後に発見されるという出来事が近所で起こりました。この件は、私が地域福祉を志すきっかけになりました。最近、コミュニティファームで子どもとお年寄りが笑顔でともに過ごす光景を見ていると、この活動には人と人を結びつける力があると感じます。あのような悲劇を世の中からなくすためにも、もっと多くの人たちを巻き込んで地域の絆を深めていけたらと思っています。

赤い羽根コミュニティファーム
地域から孤立をなくすことを目的に、金沢文庫キャンパス内にファームを造園。地域の人々とともに、野菜の世話・収穫を通じての余暇支援・ひきこもり防止、さらには地域コミュニティの拠点を目指す。収穫された農作物を食材とした商品の販売も行う。

Profile

文学部 現代社会学科 4年 藤岡 昇平 さん

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。