自分たちの手で空き家を改修。楽しみながら街を元気に。

今、取り組んでいるのは、築約70年になる木造平屋住宅をコミュニティスペースとして再生すること。ジャッキアップして基礎の傾きを修復するなど工事はかなり大掛かりなものになりましたが、床を作り直したり、天井板を剥がしたりする作業は本当におもしろく、授業ではできない経験を積むことができました。
改修作業が一段落した後は、家具職人さんを講師に招いて、堀りごたつの製作にも着手しています。このプロジェクトではこれまでに、町内会の盆踊りのお手伝いや追浜祭りでお神輿を担ぐなどの地域貢献活動も行ってきました。そこで知り合えた地元の方々と、堀りごたつを囲んでいろいろな話をするのが今から楽しみでなりません。

KGU空き家プロジェクト
横須賀市追浜の谷戸地区では、人口流出や高齢化などに伴い、空き家の増加が著しい。この難題を解決すべく、学生有志がスタートさせたのが「KGU空き家プロジェクト」だ。空き家を自ら改修し、さまざまな形で再活用。地域の活性化につなげている。

Profile

人間環境学部 人間環境デザイン学科 2年 白石 匠 さん

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。