将来の住宅を提案する「エネマネハウス2015」で、関東学院大学が優秀賞を受賞しました。

大学と企業が連携して将来の「ネットゼロエネルギー」の住宅を提案するプログラム「エネマネハウス2015」の表彰式、閉会式が2015年10月31日(土)に、横浜市中区のはまぎんホール ヴィアマーレで開催され、関東学院大学が提案した住宅に優秀賞と特別賞「環境未来賞」が送られました。
エネマネハウスとは、経済産業省資源エネルギー庁が実施する事業の一環として、「学生が考える、将来の家」をテーマに、エネルギー、ライフ、アジアの観点から大学と建築関連企業が共同で将来の「ゼロエネルギー住宅」を提案するプロジェクトです。
第2回目となった今回は、関東学院大学の他に、芝浦工業大学、山口大学、立命館大学、早稲田大学の4大学が同プログラムに採択され、横浜市西区のみなとみらい21地区に、各大学が提案する住宅が施工・展示され、一般公開や実測実験が行われました。
関東学院大学では、建築・環境学部の5研究室を中心として同事業に挑戦。屋上に創エネシステムと庭(菜園)を配置した新しい庭付き一戸建てを、「『グリーンハット2030』 関東学院大学ZEHプロジェクト」と名付けて提案しました。住み手自らが参加し、誰もが手に入れられる可能性のある「アフォーダブル(手頃)なZEH」を目指した住宅です。
最新技術だけではなく、長年用いられてきた方法を再評価し、先端と伝統を融合させた住宅で、企業からの協力を得ながら、1軒の住宅をつくり上げました。
今回のプロジェクトに参加した亀山岳司さん(工学研究科建築学専攻博士前期課程1年)は「約半年の間、準備をしてきました。協力企業と打合せを重ねたり、施工に参加したり、いい経験ができました。最優秀賞を獲得することはできなかったけれど、来場者から『楽しそうな家ですね』と声をかけてくれたこともうれしかったですし、自分たちが考えた家が建ったことが何よりうれしかったです」などと振り返りました。
なお、「エネマネハウス2015」の動画が、横浜市とTVKが協働で運営しているサイト「スマートな住まい・住まい方WEB」で公開されています。

Profile

工学研究科建築学専攻博士前期課程1年   亀山 岳司 さん

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。