スポーツを通じた学びの場があります。

「自分たちが教えに行ったのに、一生懸命にサッカーに取り組む子どもたちを見て、サッカーの楽しさや上手くなりたいという気持ちを思い出させられました」。そう振り返るのは、サッカー部成田卓朗さん(経済学部4年)。
2015年7月、保木公園グランドで、教則本「すぐできる!サッカー オフ・ザ・ボール」(学研パブリッシング)の内容をもとにしたサッカー教室を開催しました。この本は、サッカー元日本代代表の菊原志郎氏が監修を務めたもので、その中で関東学院大学サッカー部の部員4名がモデルを務めています。サッカー教室では、その内容を、実際にモデルを努めた部員が、小学生たちに直接指導しました。
当日は、ウォーミングアップから始まり、教則本の内容としてボールに触れていないときの動き方を中心に学び、最後にその日に得たものを生かす場として、試合を行いました。子どもたちには少し難しい内容でしたが、大学生がリードしながら丁寧に教えると、グングン吸収し、その表情には、充実感があらわれていました。

Profile

サッカー部(経済学部4年) 成田 卓朗さん

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。