関東学院大学で、学生たちやバディと楽しい留学生活を送っています。

関東学院大学国際センター交換留学プログラムを利用して留学中のガブリエルさん。
アーカンソー大学では物理学を学んでいます。
「学校の授業で日本のことを知り興味を持ちましたが、アメリカではあまり日本語を聞く機会がありません。それで、ぜひ日本に行って勉強したいと思ったのです」。
アメリカでも1年半ほど日本語を学習するなど着々と準備を進め、念願叶って来日。
関東学院大学の学生はみんなとてもフレンドリーで、担当のバディも優しく、心から歓迎してくれたと言います。
「休日には、京都や軽井沢にも足を延ばしました。ハロウィンの日に出かけた渋谷では、怖いメイクでコスプレした若者たちにびっくり。日本は古いもの、クールなものが混ざり合い、とても興味深いです」と言うガブリエルさんから学生のみなさんに、こんなうれしいメッセージをいただきました。
「ぜひアーカンソー大学にも学びに来てほしいです。今度は、私がお手伝いします」。

Profile

交換留学生(アーカンソー大学) ガブリエル・ローズ・クローニン・アブラハムさん

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。