未経験者ばかりでも、ここまでやれた。来年の大学祭も、盛り上げてほしいですね。

毎年11月に開催される大学祭。関東学院大学では、金沢八景キャンパス前に広がる平潟湾にちなんで“平潟祭”と名付けています。この平潟祭の企画運営に取り組むのが、平潟祭実行委員の有志の学生たち。
副実行委員長の山田翔平さんは、「準備は夏前、7月からスタートしました。ステージに関する打合せを設営企業と繰り返したり、模擬店を出店するための許可を保健所に依頼するなど、やることは盛りだくさんでした」と話します。
今年の平潟祭実行委員は、ほぼ全員が実行委員経験がゼロ。そのため、苦労も多かったと言います。
紆余曲折の甲斐あって、今年の大学祭は開催した2日間で2500名が来場しました。
山田さんは、「参加団体をまとめるのは大変でしたが、今年の平潟祭は来場者も多く、大変盛り上がりました。来年以降も是非、このイベントを盛り上げて続けて行ってほしい」と、平潟祭を運営していく後輩たちにエールを送ります。

Profile

経済学部経営学科4年 山田 翔平さん

青森県青森商業高等学校出身
株式会社ナプラに就職内定

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。