地域の子どもたちに、スポーツの楽しさにふれてもらいたい。

関東学院大学では、それぞれのクラブでの活動で完結しがちな学生たちの活動を、地域の子どもたちや住民の方々と交流することで社会へ広げていくため、現役部員による体験型スポーツイベント「スポーツフェスティバル」を、2012年からスタートしました。サッカー、陸上競技、ストリートダンス、チアダンス、ソフトテニスなどのクラブに所属する現役の学生たちが、地域の子どもたちと一緒に爽やかな汗を流します。2013年には、約2,000名もの家族連れがキャンパスを訪れました。このスポーツフェスティバルに参加した、ソフトテニス部に所属する大沼由輝さんは「ラケットに触ったことのないような小さな子どもたちもたくさん参加してくれました。技術的なことよりも、テニスって楽しいなって思ってくれるように、子どもたちと接するように心がけました」と振り返ります。
また、大沼さんは「近隣の中学生もたくさん参加してくれましたが、中学生に教えてみて、自分ができていないことがたくさんあると気づくことができました」とも話します。子どもたちへの指導を通じて、新しい自分に気づき、成長していきます。

Profile

経済学部経済学科3年 大沼 由輝さん

静岡県下田高等学校出身

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。